十勝岳(2077m)2016・9・11

台風が次々襲来で北海道に大きな爪あとを残し、

復旧に長期間要するなかですが、1ヶ月振りに山に行ってきました。

当初は武華山でしたが道路事情により十勝岳へ!

8年前の8月に登ったときは曇りで気温が5℃と

激寒だったけれど眺望には恵まれた。

今回は最初から足が重く登るにつけガス&霧雨、

頂上まであと1,6km(標高1720m)地点で頑張る気力が無く引き返す事に。

Kさんも多分私を案じてだと思う。一緒に下山するという。

さりげない心優しさに胸キュンでありました。

望岳台の駐車場は混みこみで人気の高さを伺える。

って云うか登れる山が限られてもいるし・・・

img_1406

シラタマノキの実がたわわに実ってる緩やかなロード

img_1412

1時間ほどで非難小屋到着。8年前は無かったよね^^

img_1414

見上げる山は相変わらずガスに覆われ、見下ろすと上川盆地が明るく光ってる。

img_1416

雲の平に名残のエゾオヤマリンドウが咲いていた。

これから先はウラジロタデが色づき始め、メアカンキンバイの咲き後が目に入るくらい。

山が緑に覆われる日は来るのだろうか。

img_1419

標高1720m、頂上まで1,6km地点。気力体力が消滅してしまった。

カメラもザックにしまい、敢え無く撤収~~~~~

kimg0142

濃い霧、時には小雨の中健脚組み8名は山頂に向かい踏破して下山して来ました。

kimg0144

へたれなkoyuki、無念な気持ちも湧かないって事は限界かも・・・

バスのドライバーさんが熱いコーヒーで労って下さいました♪

山の日 初回はユニ石狩岳

山の日なので! 8月11日

ユニ石狩岳に登って来ました♪

静かな山を選んで石狩連峰、ニペ、ウペペ、クマネシリ山塊、表大雪、

北大雪の眺望を楽しんで来ました。

十石峠から音更山に向かって登っていく二人組みを見ると

ガッツだわ~私たちには無理無理(^_-)-☆

ウラシマツツジは紅葉が始まり、そよ風に秋の気配。

IMG_1382

 

銀泉台~高原温泉プチ縦走 2016・8・7

8月の例会登山 参加者11名

下界は猛暑日。広大なカムイミンタラ歩きは心地よい涼風が爽快で

360度のパノラマを満喫して来ました。

雪解けの遅いところのチングルマ、エゾノツガザクラなど短い夏を

惜しむかのように競って咲き、天上の楽園ではトンボが群れてました。

2週間前に登ってきた時と違う季節の動きを感じましたよ~

今回はニセイカウシュッペ山がクッキリ見えました。この斜面の紅葉は素晴らしいですよー!!!

IMG_1303

第三雪渓でくつろいでるお二人さん。モデルいただきました(^▽^)

IMG_1307

第四雪渓の登山道は雪が解けていました。

IMG_1320

チングルマは綿毛に変わり季節の移ろいが感じられます

IMG_1321

北鎮岳のハクチョウの雪渓

IMG_1333

緑岳の第一花畑はチングルマがうねる波のように咲き誇って綺麗。

IMG_1343

緑岳山頂から見るトムラウシ山

IMG_1334

下山後は滅多に入れない高原温泉で汗を流しサッパリと!

湯上りのソフトクリームがおいしゅうございました(^_-)-☆

 

東ヌプカウシヌプリ 2016・7・30

倒木で登山道が閉鎖されてから久しい東ヌプカが開通。

開通作業に携わった方々に感謝しながら久しぶりに鳥のお師匠さん

平成君と登ってきました。

標高差348m、近くて手ごろな山。蝶や草花、鳥さんが迎えてくれた。

イチモンジチョウが道先案内、苔むした登山道には今年初めて見るアリドオシラン、

エゾイチヤクソウなどが咲き野鳥の声をBGMに快適に登っていくうち、

急登に差し掛かると滝汗(≧∇≦) 暑さに参りそうになりました。

開けた場所に出ると蒸し暑さから開放されクルマユリのいとゆかし~♪

下界は雨が降りそうでしたが、登山口は青空が見えかくれ、雨に当たらず生物調査終了(^▽^)

雲海が広がり十勝平野は雲の下

1-1KIMG0112

クルマユリ

1P1920412

イチモンジチョウ

2P1920311

3P1920336

ヒカゲチョウ (花はハナヒリノキ)

4P1920343

ウラジャノメ

5P1920423

カラフトリシジミ♀

6P1920430

カラフトルリシジミ♂

7P1920442

カラフトルリシジミ

8P1920518

コチャバネセセリ

9P1920494

ウラギンヒョウモン

10P1920510

モンシロチョウ

11P1920470

コヒオドシ

12P1920407

ルリビタキ

P1920368

コガネギク

P1920449

モイワシャジン

P1920455

エゾシオガマ

P1920467

エゾチドリ

P1920514

ハシボソガラスの若さん

P1920542

クマゲラ、ウグイス、コマドリ、ウソ、キクイタダキ、メジロ、コサメビタキなど

素晴らしいメンバーの鳴き声だけ聞かせてもらいました(^▽^)

赤岳~北海岳方向にちょっとだけね 2016・7・23

昨年から気になっていたウスバキチョウ。もう遅きに逸したと
思いながらもまずは行ってみないと!と出かけたらコマクサ平のコマクサは満開状態@@!
期待できるかも?としばらく待機してたが日差しがなかったので諦め赤岳に向かってGo-!
第一花畑、第二花畑、第三雪渓、第四雪渓は雪が多くて、行き交う人が「今年は多いな~」と
口々につぶやいていた。
山頂に近づくにつれ青空が広がりチングルマやエゾノツガザクラなど色とりどりに短い夏を
惜しむかの様に競って咲いていた。綺麗!きれい!
テンションあがるわ~\(^▽^)/
何よりも驚いたのは白雲岳直下の北海岳に向かう途中の花畑。
段々畑のように何層にも連なって咲いていたのは動けないほど美しく目を見張るばかり。
幸運にもウスバキチョウは新鮮なのは見れませんでしたが出会いがあってラッキーでした♪

第二花畑 この雪何時解けるの?
1
コマクサ平のコマクサは今が盛り
2P1920237

第三雪渓は斜度もあり下山が怖かった。
3IMG_1159

遅咲きのミネズオウ
4IMG_1165

エゾノハクサンイチゲ
5IMG_1186

チングルマ
6IMG_1188

エゾイワツメクサ
7IMG_1193

エゾタカネスミレとイワブクロ
8IMG_1197

赤岳山頂の岩に登ってはい!ポーズ!
9IMG_1205

エゾツツジ
10IMG_1267

キバナシオガマ
11IMG_1222

ヨツバシオガマ
12IMG_1231

コマクサ
13IMG_1241
リシリリンドウ
14IMG_1244
ミヤマリンドウ
15IMG_1249
エゾノマルバシモツケ
18IMG_1275
ヒメイソツツジ 大雪山だけで見られる
IMG_1171
北海岳に向かう分岐はイワヒゲロード
19IMG_1247
エゾヒメクワガタの群生
21P1920096
色とりどりの花畑 もう~動けませ~ん\(^▽^)/
23P1920117

24P1920125

25P1920128
赤岳から下山するツアーの人たち
26P1920227
やや白色化したウスバキチョウ!!!なれどやっと手に入れた貴重な一品
大雪山系の高山地帯に生息
aP1920074

bP1920087

cP1920271
コヒオドシ
dIMG_1288
ダイセツタカネヒカゲ
地味ですが大雪山郡と日高山脈の高山帯のみ生息
eP1920207
地方興行もそろそろ終わりノゴマ君
fP1920024


沼の原~五色が原 2016・7・13

久しぶりに沼の原に出かける。

林道や駐車場は整備されていたが、青空だったらなぁ。

眺望がなくて少し残念!

沼の原までの険しい道のり、蒸し暑く翼が欲し~いって感じです。

エゾアカガエルですが・・・解かるかな?

IMG_1032

木道に出るとルンルン♪

ナガバノモウセンゴケ

IMG_1043

IMG_1057

ヒメシャクナゲ

IMG_1044

自然の日本庭園

IMG_1067

トンボ2種 名前がわかりません( ノД`)

IMG_1070

IMG_1074

IMG_1072

シロバナハクサンシャクナゲ 八重でフリルが目を引きます。

IMG_1077

キバナシャクナゲ

IMG_1089

遠めにミツガシワを発見@@美しや~♪

IMG_1062

大トリミングしてみると花に白い糸が密生してる

IMG_1063

つかの間のスポットライト!青空が嬉しい♪

IMG_1082

大沼は水位が低かった。目の前にトムラウシヤマがデーンとそびえてるのだが、雲の中^^;

IMG_1079

五色の水場を過ぎて五色が原に向かうつかの間のお花畑

IMG_1087

心地よい雪渓歩き

IMG_1088

ジンヨウキスミレ

IMG_1092

天上のレストランでお弁当(≧∇≦)雪渓を見ながら美味しーーーい!

キツネさんが羨ましそうに遠巻きに歩いていったよ。

緑岳 2016・7・9

ホソバウルップソウを見に行ってきました。

第一、第二お花畑は雪の下でした。

出発が遅かったので白雲非難小屋分岐手前まで。

ダイセツヒナオトギリ(大雪山の固有種です)

IMG_0798

オオバミゾホオズキ

IMG_0819

ミツバオウレン

IMG_0813

キバナシャクナゲ

IMG_0827

メアカンキンバイ

IMG_0895

イワヒゲ

IMG_0904

ホソバウルップソウ

IMG_0924

IMG_0931

IMG_0938

エゾオヤマノエンドウ

IMG_0965

下山するころ曇っていたがトムラの王冠がドーン!

IMG_0970

イワウメ

IMG_0976

チシマキンレイカ

IMG_0985

イワブクロ

IMG_0998

エゾコザクラ

IMG_1002

お花畑はこれからが楽しみのようです♪

硫黄山~羅臼岳縦走は儚く消えて 

今年最大のイベントだった硫黄山~羅臼岳縦走

7月2日~3日 硫黄山ピストン

今年前期にお天気のつきを使い果たし、貯金が残ってなかったぁ(泣)

前日知床世界遺産センターのIさんの所に寄って情報をいただく。

前日登ったというシレトコスミレのお写真を見せていただいて、あまりの清楚な

たたずまいに胸キュン!晴れたら良いなっ(^_-)-☆

硫黄山から肩にグイッとくいこむ重いザックを背負い出発。

お花はゴゼンタチバナ、エゾイソツツジ、シラタマノキ等白い花が多かったが

何度も見てるのでスルー。って云うかカメラを向けるエネルギーは足に使わねば!

地熱のせいか蒸し暑く、汗が滝のように流れでる。

硫黄川分岐まで辛かった。

その後雪渓歩き、急登だが涼しさが身体に優しい。

シレトコスミレ咲く硫黄山直下まで長かったーーーー。予定時間も大幅に超過した。

第一スミレ発見@@!疲れを忘れて写真!写真!背中の重さでピントが合わない(泣)

今日写さなくっても明日は撮り放題♪と思ったのが甘かった( ノД`)

雨がポツリと落ちてきて、スミレどころじゃありません。

急いでテントを張り収まると同時に風雨が強まり、ポールが曲がってしまい

「長~い夜」を過ごすことに・・・

もうテン泊は無理と諦め、早朝風雨が収まったので、重く濡れたテントをたたみ

苦労して登った山を引き返す。

1300m地点で前方100m、中型のヒグマが雪渓を横切った((((;゚Д゚)))))))

熊よけリンリン鳴らし、笛をピューピュー、熊が山に入ったのを確認して

スリル満点の硫黄山登山を終えました。

目的のシレトコスミレはブレブレですがゲットー(≧∇≦)

清楚で可憐なんですよ♪

IMG_0726

IMG_0738

硫黄山山頂踏めず、尾根から垣間見た知床連山素晴らしく魅力的でした。

7月4日 羅臼岳ピストン

ガスって霧状態でしたが未踏の山、羅臼岳も登って来ました!

3日が山開き、ツアーの人や単独の登山者で賑わっていました。

背中が軽いって楽なものですね~

登山道が整備されてて、急登の所は雪渓があり眺望こそなくて残念でしたが

山頂に立つ事が出来2山だけ制覇して知床縦走は夢のまた夢で終了ーです。

お花畑は早咲きの高山植物が咲いてましたがガスガスなのでスルーです。

あまり見られないお花を少々備忘録に。

前日の厳かな山開きの名残り

IMG_0749

IMG_0769

羅臼平にある北大生に捧ぐプレート

IMG_0774

羅臼平もガスガス

IMG_0775

この雪渓を登ると大きな岩がゴロゴロあります。足が長かったら・・・

IMG_0778

IMG_0759

カラスシキミ

IMG_0761

ガマズミ

IMG_0756

皮肉なものですねぇ~行きも帰りも知床峠はクッキリ青空でした!

IMG_0688

 

エゾシロチョウの産卵

6月28日

庭(我が家ではありません)を見るとやや大きめの白い蝶が飛んでいた。

りんごの葉にとまる様子が気になってカメラを持って外に出ると

2頭のエゾシロチョウが仲良しなのか争いなのか、とりあえず写してみて

帰宅してから調べると雌が産卵しているところに雄が交尾を迫ってやってくるのだそうです。

メスは翅を広げ必死に拒否をし、そのつど産卵が中断される。

ふ~む写真を見ると納得。

日本では北海道にだけ分布する蝶です。

エゾシロチョウ産卵中

P1910502

オスが交尾を迫ってやってきたところを翅を広げて必死に拒否してるところ。

P1910753

時々産卵を中断する羽目に。翅でしっかり卵を守ってる様ですね。

P1910822

卵は意外と少ない気がするけど・・・気温26度のなか40分も見てたらあっちっちーーーでした。

P1910850

卵をオオトリミングしてみたらボケボケで失礼!

雌阿寒岳 野中温泉~剣ヶ峰~阿寒湖畔周回コース 2016・6・12

曇りの予報が登りにつけて青空が広がり眼下にオンネトーブルーが見えるころは

汗がたらたら・・・山頂付近ではアマツバメとイワツバメが鳴き交わしながら

ビュンビュン飛んでいる。

岩場で出入りを繰り返しているイワツバメ、コンデジでズームイン!

かなり無理がありますが証拠写真です^^;。

立ち止まると隊列から直ぐ10m以上は離され遅れを取り戻すのに必死でした!

雌阿寒の名前のついた花、メアカンフスマ、メアカンキンバイ2種をゲットしなくてはと!

メアカンキンバイは数は少ないけれど良い具合に見られた。

メアカンフスマは未だ開花してませんので数年前の在庫を載せておこう。

雌阿寒岳と知床連山に分布するメアカンフスマ、希少種なので、

7月に登る方は見られるでしょう。

剣ヶ峰から見る雌阿寒の爆裂口や剣ヶ峰から見る雄阿寒岳を見ると雄大で雌阿寒岳が

100名山に選らばれる所以を実感できました。

山頂でお弁当を食べてる間に樹海が雲海に覆われ雲海好きの私にはたまりませ~ん(*´∇`*)ノ

7合目周辺から見るオンネトー「北海道3大秘湖のひとつ」

IMG_0434

8合目~9合目にある岩場にイワツバメ コンデジ頑張ってこんだけ~(笑)

IMG_0540

IMG_0518

山頂でお弁当食べてる間に雲海が広がっていた。樹海が雲海に覆われステキ~♪

IMG_0558

青沼の奥に阿寒富士

IMG_0571

帰路は初めて下る剣ヶ峰コース

IMG_0581

メアカンフスマ 途中見かけたが開花は7月始めでしょうか

IMG_0588

在庫から数年前に写した希少種なので開花したのを載せておきますね。

メアカンフスマ

剣ヶ峰に登る途中に計測用のゲート?現在この山は噴火レベル1です。

IMG_0619

振り返り見る雌阿寒岳の爆裂口、左に阿寒富士

IMG_0630

剣ヶ峰

IMG_0634

近くで見ると大きな岩が積み重なっていた

IMG_0656

剣ヶ峰から見る雄阿寒岳と阿寒湖方面

IMG_0674

メアカンキンバイ

IMG_0652

メアカンフスマとメアカンキンバイは雌阿寒岳で初めて発見されたのでこの名前がつきました。

伏美岳 1792m 2016・6・5

残雪の山歩きに魅せられて

山頂は雲海テラス♪

登山道はフラワーロード♪

雪解け水が川のように流れ、うっかりするとズルッと滑って尻餅をついたら大変!

気が抜けませんでした《(>_<)》

7合目近くまでガスの中でお花ロードが幻想的でステキ!

IMG_0302

ムラサキヤシオとオオカメノキの花がガスってる中で風情がありました^^

IMG_0318

5合目くらいから7合目前後までフラワーロードで癒される~ヾ(〃^∇^)ノ♪

IMG_0331

9合目に出ると見事な青空ーーー(@_@)

IMG_0357

わあ~見事な雲海が広がってるぅ~ 芽室岳方面

IMG_0364

妙敷岳の奥に先日登った十勝幌尻岳

IMG_0365

山頂から見るピパイロー1967峰

IMG_0369

はるかに見える大雪山方面

IMG_0385

奥座敷から見るピパイロ、日帰りで出かけてる人たちがいたが私には無理・無理む・む・・・だすぅ~

IMG_0387

IMG_0388

2時間近く日高の展望を楽しんで下山。やはり下界はガスっていた。

ムラサキヤシオは見ごろよ~

IMG_0399

標高差1062m

登り3時間20分

十勝幌尻岳 1846m 2016・5・22

帯広が32℃、日本で一番暑かった日

標高差1206m

カチポロは近くにありて遠い山。今回で3度目。

このところの真夏日で雪解けが進み、清楚なサンカヨウ、シラネアオイが咲き、オオカメノキは

満開でエゾオオサクラソウ、コミヤマカタバミ、キバナノコマノツメ、ショウジョウバカマなどなど

流れの早いオピリネップ川沿いは花盛り。

花をめでる余裕もなく、32℃の予想どおり、日焼け止めが汗に流され目に入り痛さがつらかった。

急登、急登と暑さも加わり雪渓に出るまで大変《(>_<)》

雪渓に出ると暑さは軽減されたが、ぬかるみと小枝に行く手を阻まれ修行登山です。

しかし開けたところに出るとナ・ナント!前回登った芽室岳の稜線が

青空にクッキリ!で元気をもらった。

カチポロの稜線も雪庇が迫り出し恐怖。トレースがあったけれど夏道に入って山頂に出ました。

山頂手前から奥深い日高山脈の全容がクッキリ見られて1時間あまりも眺望を楽しみました。

汗した分が報われましたー\(^▽^)/

車窓から見るカチポロ(十勝幌尻岳)高いねぇ~ふあん~~^^;

IMG_0233

芽室岳の体験を生かして頑張ろう!と気合を入れ険しい急登の夏道を汗を流しながら歩く

水は1リットル、お湯500ccは飲み干しぎりぎりセーフ ^ ^;

先日登った芽室岳を見て感激!

IMG_0242

この奥が山頂です!雪庇にトレースがありますが、せり出してるのでハイマツ帯に入りました。

IMG_0246

山頂近くから見る日高の山並み。素晴らしい!!!

IMG_0247

5時間10分で山頂ー\(^▽^)/

IMG_0272

暑さに耐えて(32℃はありませんよ笑)登ったご褒美、360度のパノラマ@@たまりませ~ん(^_-)-☆

IMG_0273

IMG_0280

オピリネップ川の増水した川の早い流れ、美しくもあり怖くもあり、丸太橋を2回渡りました。

無事下山して記念に川の流れを写さなくちゃ!も~~~へろへろ((((;゚Д゚)))))))

IMG_0282

残雪期の山歩きの虜になりました(≧∇≦)

帯広川周辺探鳥会

5月21日

暑い日々が続き夏まっしぐら~かもと思って

早めに現地に行き一人ウオッチング!その後10数名で再度歩きました。

鳥見ベテランの人たちと歩くと多くの発見があり楽しいものでした。

ベニマシコ

P1910189

セグロセキレイ

P1910195

ハクセキレイ

P1910225

オオジュリン

P1910234

ノビタキ

P1910274

P1910344

ノゴマ

P1910263

オオジシギ

P1910287

アリスイ

P1910414

P1910421

 

モニ1000 鳥調査

5月15日

日の出が早くなり、5時集合で早起きは三文の徳でした!

調査集合場所は野鳥のコーラス♪コサメビタキやキビタキ、カラ類など

こんなに賑やかだったのははじめての経験のような気がする。

と言ってもほとんど参加してないから、なんとも言えませんが・・・

ほとんど画像は残せませんでしたが、おなじみさ~ん\(^▽^)/

キビタキ

P1910003

P1910009

アオジ

P1910039

アカハラ

P1910047

オオバナノエンレイソウが密生して咲いていた一画で踏みあとをたどってみると掘り起こされたような

跡がみられた。もしかして盗掘?(怒)

P1910075

エゾノウワミズザクラ 桜の咲いた後はかぐわしい香りで初夏を告げてくれます♪

P1910078

 

モニ1000 植物調査

 4月24日

待ち遠しかった北国の春

雪解けまもなく花を求めて出かけないと!と思いながら

出遅れてしまった。

見慣れた花なのに、見る場所、特に調査地に咲く花はいとおしく感じる。

寒さに耐えて今年も咲いてくれたんだね~と!

今回はフッキソウの雌花が雄花の下部に咲いていたこと、学習になりました。

フッキソウ (白い花が雄花です)

IMG_0116

下部に薄緑の小さな二葉のようなのが雌花

IMG_0118

エゾエンゴサク どこでも、群生してるところもありますが、この場所に静かに咲いてるのが好き♪

IMG_0128

ミズバショウ 清楚な感じ^^

IMG_0130

キバナノアマナ

IMG_0134

カラマツの雄花

P1900195

ハルニレの花 良く撮れてないね( ノД`)

P1900246

カラマツ、ハルニレの花はタイミングだから~