新得山(455m)・増田山(423m)

4月16日

山の会今年の歩きはじめは新得山・増田山ハイキング。

どちらも雪が全くなくて、今日の陽気は初夏を感じるほどでしたが、

福寿草やフキノトウの小道を楽しく歩いて来ました。

増田山は「撮り鉄の聖地」だそうです。

野山に咲いてる花たちは格別愛おしや~

テントを背負っていきましたが結局使わずに、お疲れ様でしたm(_ _)m

増田山の山頂から見る、本日登る予定だったオダッシュ山です

撮り鉄の聖地からいざ挑戦!スーパーとかち快速です

桜山まで 

3月5日

日曜日、狩勝峠から桜山まで歩いて来ました。運動不足で足が上がらず苦戦。

久しぶりに見る奥深く連なる尾根尾根が眩しかった。

地吹雪と頭上をゴーゴーと通過する風の音は春の気配を感じる☆

桜山山頂でやっとエビのシッポを見る。

佐幌岳まで足をのばしスノーモンスターを見たかったけれど、

春山スタートだから無理しない!いや無理できなかった(笑)

歩き始めて50分、狩勝峠が見えます

右奥が佐幌岳

標高950、5mまで来るとエビの尻尾が!やはり北風が冷たい

佐幌岳が見える。スノーモンスターが見たいけれど今日の予定はここまでです^^

中央が狩勝山、雪崩の跡が見えますよ~

南の海にも

4月5日

久しぶりに南方面に出かけてきました。

十勝港を回り、昆布干しをしてる海岸沿いを見てきましたが

ハギマシコに会えたことがヒットかな?

青い海、青い空、白い山並み、磯の香り、海は良いなぁ\(^▽^)/

帰りはシジュウカラガンのところを回って、北帰行の鳥たちに

さよならしてきました。

ハギマシコ

ウミアイサ

ヒバリ

ワシカモメ?

オオセグロカモメ

シロカモメ

ウミウ?

カンムリカイツブリ

シノリガモ

ハマシギ

コチドリ

オオワシ

シジュウカラガン

ミコアイサ

嬉しい鳥見

3月20日

雌阿寒岳から帰宅して間もなくライン~

4月から就職をするSさんから鳥見のお誘い。

十勝から離れるので、もうご一緒することは無いかもと

S・O・S三人で鳥見に出かけました。

私では見つけられない鳥さんがヒットして楽しい鳥見でした!

また機会があれば誘って下さい(^▽^)

カンムリカイツブリ

オオヒシクイ

シジュウカラガンとマガン

日高山脈を背景にしたのですが、白い山がかすんでまして・・・・

ハクガン

マガン

マヒワ

クマタカ

タンチョウ

夕日にさようなら~

早春の雌阿寒岳

3月19日

天気晴朗なれど風強し

昨年の12月に登った時も、強風に見舞われ9合目で撤退!

今回も高度を上がるにつれ風が強く、登りのコースは沢をつめ、

ハイマツのぬかるみを避けたが急斜面はきつかった。

振り返り見る風景の美しさ、どえりゃあエビフリヤーの造形美に心を奪われ、

この季節ならではの自然の洗礼を受けて来ました。

稜線で風にふわりと足をすくわれヒヤッとした体験も!《(>_<)》

山頂標識タッチして、証拠写真を匍匐体制で雄阿寒岳だけを写し、速攻で下山。

徐々に風の弱さを感じ快適に降りてきました♪

昨年も強風に苦戦しましたが風さえなければと思いながら、試練!試練!

秘湯の野中温泉は頭寒足熱なんですね~!

とても良い湯で虜になりました。

フップシ岳は粉砂糖をまとって

山頂!雄阿寒岳は美しい山容で好き^^

帰りは沢を降りず登山道を。ハイマツに足をとられる事しばしば。

7合目からは風も穏やかになり、4合目でお弁当♪

 

十勝沖海上調査

3月12日 厚内漁港

海上調査に参加するMさんに用事があって

乗船場所に行くと、空きがあるとの事で乗せていただきました。

もしかして!乗れればとちゃっかり準備はして行きました(^_-)-☆

数年ぶりに乗るので感覚が解からず船の揺れに足元がフラフラ、デッキに

つかまってカメラのシャッターを押すも、何も写ってませ~~~ん^^;

この日は凪も静かで稀に見る調査日和だとか・・・

シャッターチャンスを逃してばかりですが充分楽しみました(^▽^)

ケイマフリ

カモメが追いかけて来た

コアホウドリ

シロカモメとオオセグロカモメなど

ウミスズメ

ハしブトウミガラス

エトロフウミスズメ

大津漁港にて

オオホシハジロ

 

春の足音が聞こえる~♪

新しいヒットは無くても

お馴染みさんに会えるだけでも、春の目覚めを

肌で感じるのは良いですね(^▽^)

3月1日

ウソ

マヒワ

クロガモ

ホオジロガモ

スズガモ

ハマシギ

3月10日

ツグミ

ホオジロガモ

カワアイサ

コゲラ

ゴジュウカラ

 

嵐山トレッキング

2月26日

道なき道に足跡を残し、今年初めてのスノーシューで森歩き。

嵐山スキー場側の小高い山のピークを3個踏みしめて来ました。

3個目のピークには「眺望の森」の標識がありました。眺望の森の木立越しに剣山が見えます。

シャクナゲの木があっちこちにありましたので、雪の下には高山植物があるのかな~

眺望の森 木の間越しに見えるのが剣山

樹氷の華が見事で!

今年最初の鳥見はご近所から

川辺に向かうとナ・ナント!樹氷が素晴らしくて

も少し早く家を出てれば良かったのに~と後悔^^;

鳥さんとの出会いが久しぶりなので、お馴染みさんばかりでも嬉しかった(^▽^)

1月20日

オオハクチョウ

ヒガラ

ミヤマカケス

アトリ

トラツグミ

1月29日

フクロウ 眠ってました(・ω・)ノ

 

2016年登山 東ヌプカウシヌプリ

12月11日

今年の山歩きの〆は東ヌプカウシヌプリ

冷え込みが若干ありました。

物好きね~と自問自答(笑)

最初からアイゼン!

先発隊5人くらいのトレースがありがたかった。

倒木多いのでスノーシューでは厳しかったかも。

日高の山並みも、十勝連峰もウペペも雌阿寒方面も眺められず、

時々ラッセル、ほとんど樹林の中、クマゲラさんが見たいな~と

念じて登りましたが、エゾユキウサギの足跡だけが生命の息吹を

感じさせてくれました。

青空が開けて樹氷、十勝平野が見えて来ると何とはなし

冬山に登ってる気にさせてくれる。

ナナカマドの赤い実に雪帽子、良いなあ~

小鳥さんがとまってくれたらサイコーなのに・・・とも

思ってみたり・・・

何たって〆だもん!

山頂で食べたエルパソのどろ豚のすき焼きが美味しかったヽ(=´▽`=)ノ

今年も怪我無く終了できました。

ご一緒させて下さった山のお友達に感謝です。

2016年登山 雌阿寒岳

12月4日

12月4日 雌阿寒岳

何時もなら野中温泉コースを登るのに、この日は後続の車が

キャンプ場方向に向かってる。あっちが人気があるのかしらん?って

向かうとカメラを持った人達がオンネトーに三脚たてて写真を写す様子が。

逆光なのに何故?と不思議に思いながら、ここまで来たのだから

キャンプ場コースから登ることに。

久しぶりに穏やかな登山日和と浮き浮き。途中アイゼン装着、

6合目のハイマツをくぐり抜けると、そよ風から徐々に強風に!

7合目では薄く雪をまとった端正な阿寒富士が鎮座。

その上に太陽がキラーっと!ダイヤモンド富士みたいだわ~(@@;)???

その周りが微かに彩づく雲の幻想がステキで強風にあおられながら

見入ってました。

もしかして、オンネトーにいらしたカメラマンさん達の狙いがこれだったのかしら?

結局強風のため9合目で敗退して下山の途に。

6合目に戻るとあの風が嘘のように静かに見える頂上。

登ってみないと解からないものですね。

2016年登山 佐幌岳

11月20日

12月1日スキー場オープン前に。

オープンまで雪は間に合うかな?

つぼ足でもビュービューでゲレンデをゆるゆると登り。

しかし山頂近くになると流石にスノーシューに履き替えました。

小屋近くに行くと木の燃える匂いが(@_@)

先客が居て小屋の中はぬくぬくでありがたかった~

明るいメンバーとの交流も楽しかった。

清水、新得を通過する時は台風の爪あとがあまりにも悲惨で

胸が痛みました。

 

2016年登山 津軽の山旅

10月13日~10月17日 11名参加 八甲田山・奥入瀬渓流・岩木山

津軽の山旅に行ってきました。

八甲田山では今季初の雪を踏み、稲刈りが終わり、始めて見る赤いりんごは

鈴なりで、手を伸ばせば届きそうなりんご畑。

奥入瀬~白神山地に移動中、ジョナゴールドをお土産に買いましたが

産直は美味しいです!

北海道では見れない光景を楽しんで来ました。

13と17日はフェリー泊(八戸港)

10月14日 八甲田山

ロープウエイ~田茂萢岳~赤倉岳~井戸岳~大岳ヒュッテ~大岳~鏡沼~仙人岱~酸ケ湯

10月15日

奥入瀬渓流トレッキング

十和田湖散策と奥入瀬渓流

乙女の像

カワガラス

10月16日 岩木山

ジョナゴールドがたわわに実ってます♪ 後方に岩木山

岩木山スカイラインで8合目まで


山頂に向かう登山道

ホシガラス

岩木山山頂からは日本海が見える

 

 

2016年登山 佐幌岳プチ縦走

10月2日

お天気が良いので連ちゃんです(^_-)-☆

スキー場に1台車をデポして、狩勝峠から登りました。

清水、新得方面も台風の被害が甚大で、遠回りです。

ダケカンバの白い肌と背丈以上もある笹の登山道、色は無くても夕張岳、北日高、

東大雪の眺望がバッチリでした。

背後には夕張岳

狩勝峠手前での作業の様子が目に入りご苦労さまと心でつぶやく・・・

振り返り見る登山道、良く歩きました