花の名前が解って嬉しい!
  情報がネットで行き交う現代、ネットを利用しない手はないですよね。
  この花の咲いてた場所の町役場に写真を添えて問い合わせ致しました。
  執念深いみたいですね。待った甲斐があり本日メールにて右記のとおり
  回答下さいました。多忙な折、対処くださった役場の方に感謝です。

 一般名:(タマザキクサフジ)
  別 名:クラウンベッチ 
  科属名:マメ科タマザキクサフジ属
  原産地:ヨーロッパ
  開花期:5~7月
  花 色:上弁が桃色で下弁が白の
       2色咲き
  説 明:小さいですが上弁が桃色で下弁
       が白色のふっくらしたマメ科特有
       の口唇花が多数固まって球状と
       なった蔓性多年草で、ヨーロッパ
       化の帰化植物です。牧草や下草、
       グランドカバー用に輸入されたものが
       野生化してます。花の感じは藤というよりは
       レンゲソウ(ゲンゲ)に似ています。 
       (以上教えてくださったとおり転載いたし
       ました)               

 フォトアルバムに東京在住のクレヨンシンチャンからメール便で頂いた
 “なんじゃもんじゃの木”をUPさせていただきました。はんなりとした花ですね。
 カラマツソウを連想するような花に見えました。
 こちらは昨日午後から5センチの積雪で雪化粧です。もう根雪でしょう。
 
広告