一度は行きたかっためがね橋(タウシュベツ橋梁)へ
                          行って来ました。
                          「明後日行くよ~!」とK子さんからのお誘い。
                          Hさんと3人で出かける。神様が私達の為に準備して
                          くれたかのような風一つ無い好天!朝から胸がときめく。
                         1時間半ほどの道程、遠くの山並みが真っ白で美しい!
                          近くの山は像さんの産毛のようにも見えて愉快。
  
               駐車場はワカサギ釣りの人達の為に除雪完備、美味しい空気・
              真っ白い雪・透き通る青い空に吸い込まれるように林道から雪原に
              足取りも軽くいざ出発!
 

 
目に飛び込んできたカラフルなテント村、湖面はワカサギ釣りで
賑わっている。釣り人に「気をつけて行ってらっしゃ~い」と云われ
   プー太さんはスキーに私達はスノーシューを準備してめがね橋目指す。
 

 

  

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
↓此処の場所あたりで早朝スターダストも見られるそうです。

 
面白い光景が目に・・湖底の切り株に乗った“キノコ氷”自然界の芸術。
二ペソツ山があたかもモンブラン??(行ったこともないのに・・)かなっ?
って思うほど太陽の光を受けて真っ白い岩肌を見たときの感激!
                            これで又元気を貰って!
                                                                                                        

 

         

 
 
 
北海道遺産タウシュベツ橋梁
 
              旧国鉄士幌線が昭和30年人造湖糠平ダム工事により           水没の運命に。
                    その後水没と出現を繰り返す。この通称めがね橋迄は冬季間、湖面が
                    氷結してる期間のみ、幻の橋なのです。往復4キロの道程。
                    前方に二ペソツ山、側面にはウペペ山系贅沢なロケーションだ。
                    目の前の光景を目に焼き付けながら、プー太さんが沸かしてくれた湯で
                    インスタント味噌汁に温まりながら昼食を摂る。空には飛行機が白い
                    一筋の絵を描いてた。
 

 
 
帰路も同じ道を引き返す。未だワカサギ釣りを楽しんでいる。
澄み切った空気、白樺林を通過して車中に。此処まで来たら
ヤッパ冬のぬかびら温泉で温まって!洞窟温泉に入って
来ました。入り口はひなびておりますが中の様子は以下の
URLにてご覧下さい。
間近で見ためがね橋も感激しましたが、冬の温泉は格別良かったですよ~。

広告