子供たちと散歩した道で見かけた花。
しばらく見たことがない。果たして未だ咲いてるかな?
外出ついでに見当をつけて行ってみた。
新興住宅が建ち並び道路も整備されて散歩道も様変わり。
車を停めて森に足を踏み入れようとチラッと横を見ると
なんと!!!黄色い花が!!懐かしい~~!目が点(@_@)!
お久しぶり!エンコウソウ!(上流から雪解け水かな?湿地帯)
嬉しく高ぶる気持ちを抑えながらカメラに収める
 
         **エンコウソウ【猿猴草】(キンポウゲ科)**
   名前は長く這う茎の様子を手長猿の手足になぞらえたもの 
 

 

 

 
今日の目標は達成した気分なのに欲張って森に足を踏み入れる。
水の流れに沿ってやわらかく美味しそうな株状の若芽が連なってる。
一株易々抜ける。匂いを利いてみると泥臭いだけ。
家に帰って花図鑑で調べて見るとワサビ。
クレソンも同じ流れに柔らかい芽を茂らせていた。
ワサビの白い花も可憐
 
**ワサビ(アブラナ科)**
太い根茎があり香辛料としても利用されている
 
  
 
 
☆~追記~☆
 
ワサビについて皆さんの関心度が高かったので正確情報を
ここの場所は清流ではございません。湧き水が流れ出て
おります。自生ではありません。外来種です。多分生産していた
ところから、この場所に何らかの形で住み着いたとの事です。
山ワサビとの違いはこちらと比較してみてください。
 
(市役所学芸員さんより情報をいただきました)
 
 
広告