自由に気ままに
 
一日を気ままに野山に出かけてみよう!
目指すは太四郎の森、朝、アポを入れると
アズマイチゲと蝦夷のリュウキンカが見頃
カタクリもちらほら咲いてるから見にいらしゃいと
快いお誘いにのって・・・ 
行程の中に愛国→大正→昭和→幸福と続く道程がある
愛の国から幸福へと列車の切符がブームになった事も
今は懐かしい。
その間に大正と昭和が入ってつながりが面白い。
 
清流に沿って咲くエゾノリュウキンカの黄花が昨年と
同じように歓迎をしてくれた。
 
☆~エゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)【蝦夷の立金花】~☆

 
木の葉の絨毯から目覚めたアズマイチゲの白い群生が
可愛らしい妖精のようだ。もっと近くまで近寄って見たかったが
通路から進入は禁止、思いっきりズームでやっと雰囲気だけ写す。
 
 ☆~白い妖精アズマイチゲ(キンポウゲ科)~☆

 
                                                    【五右衛門風呂】                                          
 
       散策路を案内されながら進むと・・・
       樹齢150年以上もあるイタヤカエデの
       大木から鎖でつるした【五右衛門風呂】が
       新たに仲間入りしてた。
       川のせせらぎを聞き星空を眺めながら
       入る風呂は気持ちが良いそうです。
       適度な揺れが一層心地よさを演出する
       との事。
 
       ニリンソウ、カタクリは今年初めての
       対面でした。未だ帰宅には早いので
       少し足を伸ばしてみようと太四郎の森を
       後にする。 つづく・・・・
広告