北の大地を彩るジャガイモの花
 
毎年ジャガイモの花に魅せられて、カメラに収めてみたいと
思いつつ、チャンスを逃して残念な思いをしております。
 
何かの行事に重なったり、天候に恵まれなかったり、今年も
曇天と低温、雨が続き、やっと今日は天気予報では晴れの予報、
明日から天候も崩れるとか・・今日がラストチャンス!
晴れることを信じて出かけましたが、ついに青空を拝めず・・・・
おまけに満開の時期も過ぎておりました。
 

 

晴れた日のジャガイモ畑を窓を開けて車で通過すると、むせるような
甘い香りが一面漂っております。
 

                

 

花の色でジャガイモの種類がわかります。NHKのニュースで得た知識に
よりますと白い花がトヨシロ,ポテトチップ用に、薄いピンクは男爵、
濃い目のピンクはメークインと紹介しておりました。
この他にインカノメザメ、キタアカリ等多種ありますので花の名前は確定
出来ません。
 
                    
 
今回は芽室町に出向きました。芽室遺産・10線カラマツロード、長さ9,2キロ、
幅65メートル、果てしなく続く松並木は秋には黄金色に染まることでしょう。
右に連なってるいるのがカラマツロードです。
 

 

 小麦畑も色づき収穫の季節を迎えて
 

 

広告