真夏の登山は大変です 
 
天気予報は朝には雨が上がる予定が朝から雨。
今回のグループ登山は十勝幌尻岳(1846m)の予定でしたが
急遽雨の為変更して近くの剣山(つるぎやま・1205m)に登ることに。
 
其処には山小屋があるので休憩してる間に雨があがるだろうの予想で
焼肉をしながら様子を伺う。
お腹が満腹になった10時頃青空が出てきたので途中まで登ることになりました。
 
 
 車窓からは雲も消え始め剣山が見えて心が躍ったのだが結局勇姿は見られず雲の中

霊山剣山は笹薮とミズナラ、カシワ、白樺の樹林コースが多い所                        

登山道に沿ってノブキの白い花、ヨツバヒヨドリ、エゾヤマハギ,シュロソウが咲いていた。
ツル性の蕾が何の花だろう?と思いつつ歩いていると初めて見るツルニンジン発見!!
ツルニンジンの別名ジイソブとも云う。又バアソブと云う同属の花もある事を以前から知っていた。
ピンボケで残念だが出会えて嬉しかった。
“ソブ”というのは、木曽地方の方言で“そばかす”の意味だそうです
人間と同じジイとバアがあるのが面白いですね 

                 

結構な急登です。満腹と水分を補給した身体に容赦なく蒸し暑さが襲ってくる。
吹き出る汗、途中休憩を取りながら展望台に来ると雲の中、晴れていれば十勝平野の
展望が開け、近くの連山も望めるとのこと。慰め歓迎してくれるのは蝉しぐれ。 

一の森906mで昼食タイム&最終地点に設定。この先に熊さんの通路があるとの事で興味津々で
散歩に出かけると背丈ほどある笹が心なしか倒れておりました。背筋が寒くなり早々に引き上げる途中
ニガナ風の黄色と白の可愛い花が咲いておりました。

         シロバナクモマニガナ        クモマニガナ            ヤマハハコ         エゾアジサイ     
                

山は少しづつ秋の気配です。今回は無理なく無駄なく体力温存の登山行。
山談義に花を咲かせる時間も取れて楽しかった。下山後近くの温泉で汗を流して往復4時間
山の空気に触れてまいりました。
            ゴゼンタチバナ                         ムシカリ                    秋の気配
           

広告