迷い道~寄り道~くねくね~2007・10・14
 
今日も家を出るときは晴れ、白樺大好きなnyankoさんの喜びそうな「家畜改良センター十勝牧場」へ
場所が少々不安“すべての道はローマに通ずだあ~”とばかり出かけたが何本か道を間違えながら
たどり着く羽目に。怪我の功名で又ひまわり畑に遭遇~♪隣では機械でビート堀をしている所を
目の当たりに見ることが出来た。ひまわりは今朝の霜で元気が無くなってました。
 
                        
 
やっと着きました~~!美林!樹齢40年。1~2kの白樺並木道(距離がはっきりしません)。
黄葉がかった並木は青空に映えて文字通り美しい。それを更に展望台に進むと夫婦カシワ樹齢200年。
存在感がある。舎の側に馬が数頭と道産子馬を見かけただけ、方向を間違えてたかな?
 
                        
 
糠平湖(人造湖)は紅葉が湖に映えて美しかった!廃線になった橋梁があちらこちらで自然に溶け込んで
紅葉の季節に絶好のロケーション!
 

 

タウシュベツ橋梁は2週間前からダムの貯水が始まり殆んど水没、nyankoさんはガッカリしたようだが
橋にたどり着くまでの200mの木漏れ日のトンネルがお気に入ったようだ。
 
                           
 
三国峠(国道273号線、標高1139mは北海道の国道で一番高い場所。ここで雪が舞って来た。雨も降り出したが
路面は凍結してないので層雲峡に向かう。
 

 

黒岳に登るロープウエイのある場所層雲峡、晴れていたら見ごたえがある柱状節理。まず遅い昼食に“北海道ラーメン”を
食べて再び流星の滝、銀河の滝に引き返すと雨がやんできてラッキーだ。修学旅行生や観光客が冷たい風に悲鳴を
上げながら記念写真を楽しんでいた。
 
                            
 
雨が上がり路面は乾燥してる。日暮れが迫る頃今降ったと思われる雪が遠くの山を真っ白に覆っていた。
nyankoさんは今年初めて見る雪景色に感激しながら今日も夜道をひた走る。エゾ鹿、キタキツネが道路の側に
現れる。キーと甲高い声で鹿が警戒音を発していた。糠平温泉に浸かって今日も無事、明るく!賑やかに!!
紅葉の大地を楽しんだnyankoとkoyukiでした~。昨日と同じ260k位走ったよ~☆
 
 
 

 
 
 

広告