透き通る青いい空に白い雲が浮かんでる。
車窓から見る田園風景も冬の準備。

車窓からこれから登る西ヌプカウシヌプリ(向かって左)と東ヌプカウシヌプリが
目の前に迫って、今年最後の例会登山に山が歓迎しているようだ。

扇ケ原展望台に駐車するが風が強く冷たい。11人参加、暖かい装備で出発。

resize1632_thumb1

カラマツの林と笹薮の登り、足元注意!

resize1634_thumb 

カラマツ林を抜けると葉を落とした白樺の白い幹と青空のコントラストが
美しく、風も治まりこれが11月の気候ですか~?疑いたくなる。

resize1636_thumb1

白樺の林を抜けて尾根上に、春はスズランが咲きアヤメが咲き美しいとか・・
何時もガイドをしてくれるSさんが此処から雌阿寒岳が見えるよと知らせてくれる。
肉眼ではかすかに見えるがカメラに収めるのは無理。

広々とした平地1205m地点。風の通り道らしい。SさんとNさんが居残りを
してくれ、我々はザックを下ろして身軽な出で立ちで山頂に向かう。やはり登山道には雪。
1昨年の12号台風の爪あとの倒木が痛々しく。迷いそうな樹林帯を北東のコルに向かって下る。

resize1638_thumb

解かりづらい道しるべに従って這って岩場を登る。スリル満点!
樹林の切れ間から見る冠雪した山が美しい!!

resize1645_thumb5 resize1646_thumb5

岩場を登りきって更に高山植物の多い針葉樹林帯を超えると山頂!
碧い神秘的な然別湖が眼下に見えて感激。天のお恵みだ。

resize1643_thumb

テント設営して待っていてくれるSさんNさんの分も目に焼き付けて^^
今来た道を引き返す。テントの手前でリーダーが“龍神の池”を見せてくれた。
小さく池で一面氷。東西のヌプカウシヌプリの山の句が刻まれている。

resize1647_thumb resize1648_thumb

わあ~!カラフルなテントが二張り!入り口を向かい合って設営されてる~^^
中は暖かく、甘いお汁粉のサプライズ(@_@)!!お汁粉でカンパーイです。
豚汁変じてジンギスカンに舌鼓。和やかな昼食タイム音楽

resize1650_thumb1

下山も急斜面と笹や木の根に足を奪われないように青空の下駆け下りる。

resize1652_thumb

扇ケ原展望台のカラマツの黄葉が際立っていた。展望台の主キタキツネが
日向ぼっこして気持ち良さそう。登下山3時間少々の山でしたが変化のある
山で例会登山を無事終了。バンザーイ\(^O^) /

resize1654_thumb resize1655_thumb

広告