ミドリニリンソウを探しに
 
このところ初夏並みの気温が続き山野草が
慌てて咲き出してました^^
 
水辺の花
    エンコウソウ(キンポウゲ科)             ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)
  今年も森の入り口に咲いてました。             苔むした倒木に可憐です。
エンコウソウ(キンポウゲ科) ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)
 
ワサビ(アブラナ科)  
お浸しにしたらおいしそうですが勇気がありません                                                                                  

ワサビ(アブラナ科)

 
エゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)
満開に咲いて水面に映える様は美しい  クレソンも沢山生えてました
 エゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)
 
野の花
チョット足を延ばして嵐山へ向かった。確かにミドリニリンソウがあったはず。
結局発見できなかったけれど・・・可愛いスミレ(名前が解かりません)、ニリンソウは
花びらが5~7枚といろんな顔がありました。
エゾエンゴサクも色々あるらしく葉が丸みを帯びたのとか花の大きさや葉の色が赤みを
帯びたのとかエトセトラ・・・  
  ニリンソウ(キンポウゲ科) 
              花びらの裏に薄い紅をさしたようにおしゃれです。今度はミドリニリンソウ~を!
              ニリンソウ(キンポウゲ科)
 
 エゾキケマン(ケシ科)                エゾエンゴサク(ケシ科)     
                        よく見るとエゾエンゴサクに似てます         赤みがかったのいずれ緑色になるのかしら
 エゾキケマン(ケシ科) エゾエンゴサク(ケシ科)
 
このすみれの名前が解かりません考え中
※ブログの友達なべさんから情報をいただきました。ありがとうございました※
                              
 
  オオタチツボスミレ                   アオイスミレ    
 
すみれ スミレA
 
フイリミヤマスミレ(スミレ科)
 葉が斑入りで葉の裏はエンジ色です
 フイリミヤマスミレ(スミレ科) 
 
 オオバナノエンレイソウが咲き始めてます。
 
ユキザサも蕾をつけてます。
                                                
このような山野草の中に身をおくと時の流れがとまってしまうのです。
 

広告