雲の上に青空と山並みが!
 
6月は週末にお天気が晴れにはなりません。
この日も行くのかな?と半信半疑で集合したけれど登山口に向かう。
車で1時間近い距離、駐車場は我々だけ。ウグイスが“いらっしゃーい???”
とばかりに囀ることしきり。ガスってるけれど大丈夫そう。
オプリネップ川に掛かる丸太橋を二つ渡るが下を見ると急流で怖い。
沢の流れの側の石ころの道を滑らないように気をつけながら登りです。
 
オピリネップ川を渡りますミゾホオズキが沢山咲いてます。ミゾホオズキ
 
沢沿いの潅木の中は時々明るくなるので晴れの期待が!しかし時には雨もポツポツ落ちたりして急な登りを頑張るのです。
2時間ほどでウコンウツギ、ムラサキヤシオつつじ、ツバメオモト、クロツリバナ、ケエゾキスミレなど花が疲れた目と体を癒してくれる。
 
ツバメオモト ヒロハノツリバナ ケエゾキスミレ
 
ハーヒーフー!!!^^と急な登りに「辛いよ~!二度と登りたくないよ~!」って水分補給しながら登ると\(◎o◎)/!ヒェ~~白いシラネアオイの花が!
本には書いてあったけれど見るのは初めて。既に花は終わってると諦めていたのに・・・こんなに沢山咲いて~嬉しい 音楽音楽音楽
 
シラネアオイ白 シラネアオイ4
 
定番のシラネアオイも群生して咲いておりました。オオサクラソウもエンレイソウも・・日高ならではの花~(o^∀^o)
 
シラネアオイ2 シラネアオイ3
 
シラネアオイに元気を貰って針葉樹林帯を抜け3時間少々でハイマツの尾根にでる・・・と(@_@)!!!
雲の上に日高の連山が目に飛び込んで来て感激の涙号泣・・・(笑)青空です。koyukiは最後を
息絶え絶えに歩いていましたが先を行ってるリーダーが頂上近くで待っていてくれた。私だけが
初めて登る山なので山頂の標識にハイタッチをさせてくれるのです。優しい心使いにまた感動!
 
山頂の標識a
 
360℃の大パノラマと云いたいけれど180℃後方は真っ白い雲。雲上の気分を存分に味わいながらお弁当~^^。
 
札内岳に伸びる稜線 山頂2 後方に幌尻岳・戸蔦別岳・北戸蔦別岳
 
1時間の休憩後頂上を後にしてまた雲の下にと戻ります。癒してくれた花たちにお礼を言いながら急な坂道、木の根っこ、倒木、大きな笹、石の川原を
グループ登山を無事下山。新雪を抱いた山並みと紅葉の頃もステキでしょうね。
 
雲の下に帰ります
 
 
あれ~?二度と登りたくないって云ったのは・・・・・恥ずかしい
 
 
============================================================
標高差  1206m
登り    3時間50分
下り    2時間30分