自然の造形美・沼ノ原~五色ケ原
 
7月の例会登山は楽しみにしてた沼ノ原~五色ケ原コースです。
沼ノ原は昨年9月の始め以来2回目、五色ケ原はお花・お花で歩けないほどの光景との情報で
胸がわくわくです。今回は素晴らしい青空が広がり時々吹く風が心地よい。
 
山は何時行っても険しく辛い道程を乗り越えて微笑みと素晴らしい眺望と感動を与えてくれる。
今回も大きな清流に丸木橋、下を見ると怖い二つの渡渉が待っていた^^;。
慎重に足を運び橋を渡って林道を進むと樹林帯の木の根っこが網の目の様に横たわり急登が始まります。
 
この景色を見るためにひたすら急登を頑張って!視界が開けて!木道に出ると木道ハイキングー^^)。
2週間前に登ったトムラウシ山が目の前にそびえて沼に映る姿は眩しいよ~!
 
 
 沼に映るトムラウシ山
ワタスゲも終わり沼の水は清らかに澄んでいる。木道を歩く足取りは軽く、厳しい風雪に耐えた
アカエゾ松が素晴らしい造形美を見せてくれた。
 
大沼に向かいます 遠くに白雲岳
 
大沼は雪解け水を湛えてオタマジャクシ・サンショウウオ・トンボ・蝶など青空の下で活き活きしてる。
 
大沼
 
大沼から五色ケ原に向かう木道は傷みもあり要注意!湿原の花ミヤマリンドウの大きな株が目を引きます。
タチギボウシは少し赤みを帯びて湿原に彩を添えて美しい。
 
 タチビボウシ
 
五色ケ原に向かう途中でやや下ると五色の水場がある。大雪の銘水スマイル汗を流した後の銘水は冷たくて美味しい!!!!
此処からは又笹とぬかるみとごろ石の登りが待っている。石狩川源流の沢に出るとウサギギク・ヨツバシオガマ・エゾヒメクワガタ
チシマキンバイが名残りをとどめてくれていた。スプーンカットの雪渓もあり沼もあり変化に富んでおもしろい。
 

 

スプーンカットの雪渓 水鏡

ヨツバシオガマ エゾヒメクワガタ

 
 
ロックガーデン、大沼を見下ろしトムラ、石狩連峰と絶景のロケーションでお弁当~^^。
 
五色ケ原からの展望 ロックガーデン
 
30分の昼食タイムを終えトムラを背に石狩連峰と池塘の絶景を目の辺りにしながら下山です。
 
 
 石狩連峰と自然の造形美
 
東大雪のニペソツの雄姿も素晴らしい!
 
 
 ニペのミミ
 
※ナガバノモウセンゴケ(北海道ではサロベツ原野と沼ノ原、本州では尾瀬に生育する希少な植物)
※コヒオドシ(タテハチョウ科) 大沼で写しましたが素早く飛び交いよい写真が写せませんでした。
 
ナガバノモウセンゴケ コヒオドシ
 
帰路は同じ道を引き返すわけですが・・最後の急な下山はクッションが強く頭に響く。そして丸木橋渡渉^^;・・・
 
ルンルン下山~♪ 怖~い丸木橋
 
コバノイチヤクソウ      タカネトウウチソウ                    キツリフネソウ
コバノイチヤクソウ タカネトウチクソウ キツリフネソウ
 
5時集合・登山開始6:40分

3:30分無事下山。日和良し!景観サイコー!参加人数19名素晴らしい(^Q^)/^

 
************************************************************
 
沼ノ原大沼まで 
距離     4,1Km
標高差  340m
大沼から五色ケ原まで
距離   4,6Km
標高差  300m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告