中秋の名月・ご来光と雲海・朝日に輝くニペ
 
深田久弥さんが「豪快にして優美、天下の名峰に恥じない」と言わしめた憧れの
ニペソツ山にグループ6人で登って来ました。久々の1泊のテン泊なのでザックは
肩に重く食い込みバランス調整も大変。しか~しこんな光景が見られると疲れなんて忘れます。
 
威風堂々ニペソツ山(天狗平より)
威風堂々
 
針葉樹林帯登りに可愛いツルリンドウの花と実が!
紅葉は未だ ツルリンドウ
 
 
今回最大の難所・小天狗頂上近くの岩場です。重いザックを置いて岩をつたい、岩場の上からザックを手渡す(結束のこころ)
怖い岩場
 
前天狗のテン場で泊まる予定でしたが未だ12時、天狗平でニペの雄姿を眺められる場所まで前進。
贅沢なロケーション(@_@)!!!穏やかな日より、眺望は最高!さっさとザックを降ろし逃げもしないニペソツの
撮影に夢中^^写真 。koyukiだけが初登りで鉄人は30数回、リーダーtyoーさんは10数回、ichigeさんも
su-ちゃんもyu-ちゃんも皆さんベテランばかり。そんな仲間が興奮を抑えきれないほど今回のニペの
女神さんは微笑んでくれた。テント設営後は昼食を兼ねて小宴音楽「未だ3時だよ~!天狗岳の山頂まで
お散歩~」。糠平湖もウペペサンケ山、石狩連峰、トムラや表大雪方面も見える素晴らしい眺望です。
 
十勝連峰が茜色に染まり始める                          みんなでテントの窓から盃に月を浮かべて?お月見です^^
十勝連峰方向が茜色に 中秋の名月
 
山での就寝は早いです~!早く寝たもの勝ちですよ~!横向きにしか寝れないよ~!チョット起き上がったら両隣の人が仰向けになって
koyukiのスペースがな~い困った。仕方が無いから頭を反対に向きを変えると足が伸びないわ~。風がテントを揺らしているけれどいつの間にか
眠れて良かった!ご来光は如何かな?窓の外は・・・ダイジョウブそう^^。5時チョイには未だ時間があるけれど山の朝の空気も吸いたい。
フカフカした苔の上の散歩も良いね。しらじらと東の空が赤みを増して皆さんでご来光をお出迎えです。
 
 ご来光
 
無のこころ? 儀式の後
 
ニペの朝焼け
P1120878a
 
朝日に映えるテント                       ウペペサンケ山                         
 朝日がテントに映えて ウペペサンケ山 
 

 
天狗岳の向かい側の小高い丘からご来光を堪能して朝食はゆっくり、フルーツもcoffeeも紅茶も・・・ザックが重い訳はこれなんです^^;
7時25分くっきりそびえるニペの山頂目指して出発!天狗岳の西側を巻いてコルまで大きく下りいよいよ急登の始まりです。ナキウサギの
甲高い鳴き声、頂上には人影が見える。朝霜を受けたタカネイワヤナギ、落葉したウラジロナナカマド等が目に止まる。
 
山頂に人の影、あと15分で山頂です                            ウラジロナナカマド
山頂に人の影  ウラジロナナカマド 
 
1時間15分で山頂デース\(^O^) /素晴らしい眺望!下ホロカメットク、オプタテシケが見えます
ニペの山頂
 
山頂では撮影会、カンパーイの儀式、展望を堪能して1時間あまり過ごす。3連休の中日で行き交う人も銀座並み^^。
 
トムラウシ山                                           忠別岳、旭岳が見えます  
トムラウシ山  旭岳方向 
下山後テント撤収10時47分下山開始。前天狗ガ心なしか色付いて居る様子。
ホシガラスが鳴きながら飛び交っている。今回はニペの直下でナキウサギの
撮影に二人成功しました。快挙!!!!。素早く巣穴から巣穴へ移動する姿を目に出来ただけでも満足スマイル 
 
ナキウサギの巣穴が沢山ありました                    小天狗岳が色付き始めてます       
ナキウサギの住み家  前天狗も色付き始めて
ニペは眺める山とも言われますが登って神秘に満ちた景観に触れるのも素晴らしい!
 
山名の由来
 
ニペシ(シナノキの樹皮)オツ(多い)
 

 
広告