裾野を彩る錦繍
 
クラブ活動9月例会は少し遠出、車で層雲峡を通過して4時間の道程。
この日は14名の参加で白滝村高原キャンプ場バンガローに前泊する。
やはり主食はジンギスカン、koyukiの顔もヒツジ顔に~^^。1棟のバンガローで
早速早めの夕食の宴。夫々持参の海の幸・山の幸♪満腹になってお散歩に出かける。
空には虹も見え車が通らない車道を歩きながら童謡をハミング音楽芸達者のuraraさんに
つられて手振り身振りで踊りの講習^^。高原の空気も格別美味しいスマイル
電気、水道、水洗トイレ、五右衛門風呂設置のあるバンガローは贅沢に感じる。
登山当日はうす曇空。4時半起床テキパキ共同食をとり登山開始6時30分。
 
この光景に会いたくて・・・
目の前にアンギラス・遠方に表大雪
 
凛とした朝の空気の中快調に川の流れや小鳥の囀りを耳にしながら進むと滝が!思いがけないプレゼント。
 
紅葉の中に二筋の滝
夫婦滝かな?
 
カエデやナナカマドの赤く染まる登山道は今日が一番!(何時もそう思うことに^^)
瓦礫の場所ではナキウサギの甲高い声!yamaちゃんが「居るよ~居るよ~」と指差す
方向を見ると草をくわえたナキウサギが素早く穴に入り込んでしまったがっかり
 
ナキウサギが居るよ~!                       分岐から表大雪の山並みがドカーンとびっくり  
ナキウサギが居るよ~! 平山分岐
 
右も左も正面も・・振り向いても山全体が美しい紅葉。声にならないほどと云いながら「わぁ~お~(^Q^)/^」の連呼
遮る樹木がないと見晴らしは良いが強風の洗礼を受ける。衣服調整のため上着を着込む。絶景!絶景!
 
雲が控えめに流れる表大雪の山並み        振り向くと屏風岳                    強風にめげず尾根歩き 
表大雪の山並み 振り向くと屏風岳 風にもめげず
 
小槍・ニセカウ・アンギラスが視界に!
アンギラス
 
 
 中央に文蔵岳                                  アンギラスから連なる山のすそもよう
文蔵岳方面の錦 アンギラスに連なる紅葉
 
 
錦 岩をまいて下降
 
風に吹かれながらも快適な尾根歩きから60数m下降して背丈ほどもあるハイマツ帯へその後は120数mの急登が待っているよー!ガンバろう!!!!!
 
ハイマツ帯へ急降下                                  2回の登り返しだよガンバ!
ハイマツ帯へ下降 急登が待ってるよ
 
2回の登り返しハイマツの跳ね返しが容赦なく頬を打つ。風もなくいよいよアンギラスの核心部へ、直下でお弁当~^^。
空身で狭い山頂へ、ヤッホー\(^O^) /
 
リーダーの手がいよいよ山頂にタッチです                     狭いスペースの山頂
山頂へ手が届きました 山頂の狭いスペース
 
下山はサブリーダーが岩にかける足場を慎重に指示をしてくれる。     帰りも深いハイマツの登り返しです。
下山の岩場 深いハイマツの登り返し
 
無名峰(アンギラス)の紅葉とスリルを存分に味わい、北大雪の山並みと木々の織り成す彩を目に焼き付けながら無事下山です。
北大雪を目に焼き付け下山
 
今回は平山分岐組とアンギラス組に分かれての登山。アンギラスで45分間の昼食タイム。下山は1時55分。
どちらも満足な笑顔、ハイタッチで喜びを分かち合う。
帰りは層雲峡温泉で汗を流し展望を楽しみながら入浴。今夜は寒気団が入るとか今年の山行も終わりに近づいて来た。
 

 ************************************************************
登山口標高     1040m
アンギラス標高   1815m
距 離         5,1km
 
広告