初雪踏みしめて
大雪山系に初雪が降ったニュースありでこのところ底冷えのする日が続いていました。
グループ登山で車で30分の登山口久山岳(きゅうさんだけ)へ。12名の参加凄ーい!
シーズンも終わりに近づくと一山でも登りたい!名残惜しい気持ちは同じなんだね。
久山岳山頂から見る芽室岳山頂は白く雪化粧
山頂から芽室岳
朝の冷え込みは厳しかったけれど青空~無風晴れ登山口から山頂まで2時間30分、登山道の笹が刈ってありありがたい。
霊山(高王山大自然霊光院)らしく“母の胎内”“父の胎内”“石松安産岩”“大蛇の通り道”屏風岩等白いプレートが張られている。
神聖な文字の横に落書きがあり由々しきこと。ミズナラの大木の下にはどんぐりが沢山落ちていた。葡萄の房らしきものも・・なんだろう?
大きなミズナラの登山道                          お守りのプレートがあります
大きなミズナラの樹林 安産のお守り霊山かな?
気温も上がり40分も登ると半袖になったり衣服調整。ichigeさん宅のスイカ美味しかったですよ~音楽
登山道には小鳥さ~ん食べてー!とばかりに赤い実が目に付く。
ツルリンドウ                        ツルツゲ                         オオカメノキ
ツルリンドウ ツルツゲ オオカメノキ
ヒロハノツリバナ                     イワツツジ
ヒロハノツリバナ イワツツジ
振り向くと剣山へ続く樹林帯、十勝平野が広がり高度感が味わえる。
朝6時半から登ったという6人グループが下山してきた。我々より2時間も早い。「雪があるよ~これからの頂上はサイコーだよ~」
の言葉。わ~い初雪に会えるスマイル「サイコー」って?うんうん解かるよ~^^サイコーは最高なんだから暗黙の了解ってことなのです。
今シーズン初めて見る初雪踏みしめてヅルーっと足が滑って四つんばいになり泥んこになってしまった^^;
重そうなザックには何が入っているのかな?
初雪
雪の絨毯の彩りも綺麗で趣がありました
カエデの彩 彩り
山頂直下からアカエゾマツ帯に入り芽室岳、ピパイロ岳が見え隠れ
アカエゾマツ樹林帯へ
山頂の気温は0℃びっくり サイコー???これもその中に含まれるんだぁ。眺望も悪くない。
何時もの如く直ぐお弁当~^^。重いザックの中から美味しいものがザックザック(笑)
隊長が熱いお味噌汁を作ってくれ身体が温まる。1時間が瞬く間に過ぎ下山準備。
山頂の写真は未だだよーとばかりに急いでスナップ写真を。7月に縦走したピパイロ岳、
1967峰も雪を抱いて頂上は雲が少し掛かっているが・・懐かしく感慨深さが込み上げてきた。
左から妙敷山・伏美岳・ピパイロ岳                    十勝平野が広がる
妙敷山・伏美岳・ピパイロ岳 広がる十勝平野
急な下り、滑るから気をつけないと!と思っているとyu-ちゃんから助け舟。「おいらのストック1本貸しちゃっか?」
「サンクス!」とお言葉に甘え転ばないで下山。結構キャー!キャー!の悲鳴は聞こえたんだけれど・・誰か転んだかも
急勾配を駆け下りる
************************************************************
標高差   1002m
登り     2時間30分
下り     1時間50分
駐車場まで林道歩き30分
恥ずかしい追記:九山岳→久山岳の誤りでございましたことお詫びいたします。
ご一緒したtyo-さんご指摘ありありがとうございます。訂正いたしました。10月1日AM10:00
広告