ダケカンバと紅葉、生い茂る笹、山頂でのトン汁
 
今回のグループ登山も11名の参加。前回より気温は高く登山日和男の子女の子
登り初めて間もなく登山道が見えないほど笹が生い茂り樹林帯に入ると
美しい紅葉がお出迎え~♪オオカメノキの実は赤から黒に日焼け?して^^
ダケカンバの巨木がドッシリ存在感をしめして、梢から覗く青空が眩しい。
 
色鮮やか
 
木々の葉の彩の中に染まりながら歩く季節も終わりかな~
 
生い茂る笹                                                        ダケカンバの幹が踊っているよう^^                                       
登り返しです ダケカンバ模様
 
この山にも尾根上に大きな岩があり「母の胎内」の看板があった。折角登ったのにガックーン!と登り返しがありました。
 
1343mコブから前方にそびえる山の奥に頂上があります。

ペケレベツ山頂はこの山の奥

登り始めて2時間半で頂上デース(^Q^)/^狭い山頂には1組の先客があり、我々は奥座敷でテントを張ってお弁当^^。未だ10時40分(笑)
ranちゃんとsu-ちゃんが鍋奉行で熱いトン汁を振舞ってくれましたスマイルまたまたザックの中からご馳走が・・・ふう~お腹も胸も一杯^^
頂上からは今年2月にスノーシューで歩きながら見た沙流岳・ペンケヌーシ・トムラ山・十勝平野の展望が望まれる。

頂上(ハイマツが眺望を阻む)             日勝峠と十勝平野が広がる             トマム山とツインタワーが見えます  
細長いスペースの山頂 日勝峠のカーブ トマム山とツインタワー

1時間半の宴を終えると他にも3グループほど増えておりました。皆さん残り少ないシーズンを楽しんでるようです。
下山途中山登りをして木登りを楽しんでいるご家族に会いました。こんな楽しみ方もあったのですね^^。koyukiも!ナ~ンチャッテ^^;

どんな景色が見えるのでしょう
まずは木の上に  見晴らし最高~!

黄色がお母さん、青いキャップがお父さん、シッカリ見守っておりました。素晴らしい家族にカンパーイ!

紅葉に見とれて足元も注意

紅葉に見とれていると足元が!!またまたキャーの悲鳴が^^

============================================================
 
標高差   727m
登 り    2時間30分
下 り    2時間  

広告