霞む銭函天狗山(537m)・春香山(906,9m)
 
10月も中旬を過ぎると冠雪した山と寒さで十勝地方脱出登山に銭箱に出かけました。
参加者15名、日頃ドライバーさん役の方たちは心置きなく景色を愛でながら
飲食や談笑も楽しめる至福のひと時~^^♪出発時6:20頃はガスが掛かっておりましたが
時間の経過と共に青空が広がり期待が膨らみます。
 
1日目 銭函天狗山537m
 
 車窓から鮮やかに変身したトマムツインタワー               かつて紅葉山駅が新夕張駅に変更(休憩タイム)
トマムツインタワー(車窓から) 新夕張駅 
 
4時間あまりで登山口到着!寒さ対策も何のその無風・気温も19℃、初日は銭函天狗山です。
足元は落ち葉でフカフカ、本日のトップは参加者中一番の人生の先輩!
登り始めると目に飛び込んでくるのはたわわに実った山葡萄とコクワ(@_@)
手に届きそうで届かない場所・・・見るだけよ~^^って云われてるようです。
 
山葡萄                                       コクワ(サルナシ)
手の届かないところに山葡萄 コクワ
 
十勝地方エリアとは何かが違う・・空気かな?日本海側だからかな?空の色も・・とそんな事を考えながら整備された登山道
落ち葉の絨毯がカサコソ奏でるリズムに合わせ足取りも軽く音楽
帯広ナンバーのバスを見たのだろう「十勝には沢山山があるのに、何で~?」って・・
フカフカの落ち葉
 
札幌山岳会所有の銭天山荘(下山時ついに山荘の横のコクワを童心に返り夢中になって採りました^^)
銭天山荘
 
小春日和の中ゆっくり登山。東面に岩壁を持つ天狗岳が見えてきた。ここを右に巻いて登ると間もなく山頂
天狗岳・クライミングもやってます
 
山頂からの眺望は霞んだ石狩湾とゴルフ場が望めました。石狩湾の向こうには増毛連山・大雪山・十勝連峰が見えるそうだが・・考え中
山頂近くゴルフ場・石狩湾 山頂
 
  下山時こちらでも子供達がクライミングー!楽しそう^^
お友達とクライミングー!
 

2日目 春香山(はるかやま)906,9m コース距離6km

 
昨夜民宿で親交を深めた交流会の疲れが少し残る中、昨日より少し気温は高め。地元の人達は駆け足軽装で
ハイキング感覚で登っている様子。なだらかな山道なのでキャーの悲鳴は聞かれなかったようです^^。
紅葉に染まりながら
 
東海大学の銀嶺荘(車で管理人さんが来てました)
ちなみに休憩coffee付きで¥400・宿泊¥800
東海大学銀嶺荘
 
赤い実を付けたヤドリギ                     ツルキシミ
ヤドリギ ツルキシミ
 
山見の丘から春香山山頂
山見の丘から春香山
 
山頂の看板の標語が面白いよ~!石狩湾は相変わらず霞んでますが昨日登った銭天が見られました(^Q^)/^
山頂の標語 
   
木漏れ日が笹の葉に輝いて美しい
木漏れ日
 
2日間の登山行を無事終え朝里川温泉「宏楽園」で汗を流し湯上りのジョッキー生が美味しそうでしたスマイル
この温泉はhamayoさんに紹介していただいた美しい日本庭園の紅葉と池の鯉、湯加減もバッチリでした(*^m^*)
hamayoさんとの馴れ初め^^は今年5月17日伏美岳山頂で私たち4人組が奥座敷(笑)で昼食のおでんを食べ終わる頃
360度の絶景パノラマ撮影、4人の記念写真を快く引き受けてくださった笑顔のステキな青年でございます。hamayoさんの
ブログのflash&Quicktimeのパノラマ画像は必見です。
 
宏楽園温泉の庭園
宏楽園の庭園
 
今年のバス山行も無事終わり帯広に着くころ19:00には真っ暗でした皆さんの顔は晴れやかでした\(^O^) /
 
広告