午前の部「札内川水系花めぐり」

【 展望の良い場所から見える日高山脈】

resize5892resize5893

26日に名残り大雪の降った3日後の29日は穏やかな散策日和に恵まれました。
参加者11名で集合場所の売買川に沿った林内をウオッチング。
BGMはアカゲラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、シマエナガ等の囀りです音楽

小さな可愛い足で歩いてる参加者も居ます^^男の子女の子
小さな足の参加者

所々にアズマイチゲの可憐な花が咲いてました。ユキザサはこのくらいが食べごろ♪生で食してみると甘い味です。
右の画像は毒性のあるトリカブトです。絶対食べさせないで下さい!誰に~って^^???。
ユキザサ トリカブト

冬の間、ノネズミが木の皮を食べた跡です。雪の下で活動する動物なので食べた痕跡まで積雪があったのでしょう。
ノネズミに食べられた痕跡

散策の後は目指すカタクリの群生地へ!その前に雄大な日高山脈を展望してから・・・
真っ白に冠雪した山並み、素晴らしい大パノラマに歓声があがりました。
日高山脈の大パノラマ 

さてカタクリの群生地やエゾサンショウウオの産卵した場所に向かうのですが車窓から見る風景は徐々に雪景色。
林道に入るとヤナギの倒木に行く手を遮られ敢え無く引き返しカタクリの群生地はスッポリ雪に埋もれておりました。
しかし日高の山並みを眺めて走るドライブと思えばドライバーさんには悪いけれど最高のロケーションです。

雪解けの麦畑
これではカタクリも雪の下

帰路は企画して下さった支部長さん宅で極上の麺をご馳走してくださるとの事で大勢ですがお言葉に甘え
朝の散策で見かけたユキザサを摘んで支部長さん宅へ。支部長は麺屋に早代わり~^^。
二つのテーブルを囲んで手際よく出て来る徳島産の太め素麺を美味しく戴きました。「こんな美味しい麺は生まれて初めて」と
云いながら湯で加減良し!めんつゆ、薬味新ショウガバッチシ!ユキザサのお浸しもシャキシャキで美味でした。
私達がお手伝いしたのは温か麺用の煮干の腹腸取りだけで支払いの無いお客さん!ご馳走さまでした<(_ _*)>ぺコリ

続いて午後の行事「おさんぽ会」へ

午後は30名の参加者があり畜大~農高のカシワ林~機関庫川迄自然と環境をテーマに畜大教授とともに歩きます。
キタコブシが八分咲き。エゾリスやアカゲラ、カラ類が見られました。

カシワとミズナラの違いについて説明を受けてます
カシワとミズナラの違いについて

木の鼓動を肌で感じて居る人も
鼓動が聞こえる?

機関庫川近くの林内ではこんな変種?のザゼンソウと小川にはエンコウソウが咲いてます。
突然変異?のザゼンソウ エンコウソウ

エゾニワトコの蕾                                バイケイソウの芽吹き
エゾニワトコの蕾 特徴ある生え方バイケイソウ

エゾアカ蛙の産卵ともう直ぐオタマジャクシ(500~1,000個の卵を産卵するそうです)
エゾアカガエルの卵 成長してる蛙の卵

外来種のウチダザリガニも見かけましたが駆除はしなかったようです。
ザリガニ 大きなザリガニ

流れのよどんだところにトンギョかな?
トンギョ?

人間と自然との係わり、特に長い年月をかけて成長した樹木が道路拡張や住宅造成に
伐採される場所を数箇所見て「ローマは一日にして成らず」樹木も長年かけて成長し
人や動植物に大きな影響を与えていることを考えさせられた一日でした。

広告