雨の降る寒い日が続くとフリースを羽織り、晴れると急に汗ばむ陽気。政局と同じお天気も目まぐるしい^^;。
青空が出ると日光浴がしたくなる。先日でかけた渓谷のエゾトウウチソウの咲き具合をチェックに車

足を滑らせないよう気をつけて降りて行くと3日遅れの~音楽くらいで良い色が残っていた。

渓谷に咲くエゾトウウチソウ
渓谷のエゾトウウチソウ

つり橋を渡ると小さな池に大小のトンボが飛び交っていた。私の腕にとまって動かない。koyukiも動けない困った
良く見ると蟻のようなものを食べて居て食べ終わるとゲンキンに飛び去りました^^。

2枚ともトンボの産卵ではないかと・・・
トンボの♂と♀? トンボの産卵

この小さな池に黄色の花が2個咲いてました。多分アサザだと思います。

しかしアサザの分布は北海道以外と記されてます。この寒冷地で育つのが不思議。逆光と遠くて解りづらい画像になりました。

別名ハナジュンサイ。環境省レッドリスト、絶滅危惧Ⅱ類にランク

アサザ① 水中から長い茎を伸ばしてます。

葉は睡蓮よりかなり小さいです。
アサザ② 

貴重なアサザが見られただけでも良しとして又田舎道を走る。エゾトリカブトの鮮やかさは秋の色。
エゾトリカブト

農家のお花畑のオイランソウにカラスアゲハかミヤマカラスアゲハか吸蜜に忙しそう。
夏は翅を青とも緑ともいえない色を太陽の光を受けて美を競っていたことでしょう。今は無残に尾翅が朽ち果てていました。

カラスアゲハ① カラスアゲハ②

 カラスアゲハ③

ヒョウモン類の蝶はシッカリした翅の形を保っていた。同じ種類の蝶ばかりでしょうか?

①                                       ②                                  
チョウ① チョウ②

③                                       ④  
チョウ③ チョウ④

トウキビ畑やじゃが芋畑でノビタキさんが愛想をしてくれた。そろそろお別れのご挨拶かな~と思うと寂しくなります。
流し目のノビタキ ←流し目ノビコノビタ

広告