霧に包まれぬかるみ登山に泣き笑い

前日から明け方まで雨が降っていて今回のクラブ登山はダイジョウブかな~と
危ぶまれたけれど予報は曇り、気温も低くなくいざ決行!

集合場所に行くとナ・ナント8名?今年になって出席率最低!登山は最高!う~んビミョウ考え中
大勢も楽しいけれどこじんまりも楽しかったです^^。

登山口に着いても木の葉から落ちる雨の雫、濃い霧。深い藪漕ぎが無いのでスパッツだけ装着して出発進行○

「北ペトウトロより倒木は少ないよ」と云われたけれど過酷な(少しオーバー^^)倒木のまたぎとくぐりが行く手を何度も阻む。

意外!sojirouさん身のこなしが早っ!こんな狭いところをスルーっとくぐり、次のポイントをヒョイとまたぐ。隠れた一面を見た(笑)くぐって!またいで!

雨上がりの後なので登山道は泥濘とゴロ石と木の根と条件悪し。ずるっと行くので足元注意!頭上の枝注意!おまけに急斜面。

斜度のある急登

右も左も眺望はありません(^_^;)登山道の脇で高山の草木が色づいて足がとまる。実りの秋ですね。

イワツツジ
苔の上の紅葉 イワツツジ

ゴゼンタチバナの花と実
ゴゼンタチバナ花 ゴゼンタチバナの実

ツルシキミ
ツルキシミ

衣服調整も小休止も斜めの体勢で、あ~~しんど!風倒木の連続。まさに樹木の墓場で台風の凄まじさが感じられた。

一つ超えて又超えて

ハイマツ地帯に入ると足元の高山植物が春のお花畑の美しさを連想出来る。相変わらず霧が流れ幻想的(^_^;)
ハイマツ帯に出ると視界が開けるはずが・・・

登り始めて2時間やっと頂稜が見えました(^Q^)/^        山頂の標柱
頂稜の最高地点も霧 二等三角点の山頂

山頂に「クマネシリ」の細い木柱と2等三角点がある。早速記念撮影をしてお弁当^^。アリリ?未だ9時10分なのに・・(笑)
風も無く穏やかな山頂です。だ~~~れも登って来ませんねー^^;。あの方向には西クマネシリ、ビリベツ岳、東大雪の山並みが
見えるはず・・・と連想なんて出来ないよ~悲しい 和やかなお弁当タイム、オリーブさんの手作り惣菜が人気^^美味しかったです○

登りも足元注意でしたが下りも大変!koyukiはついにズルッ!冷たっ!お尻が泥んこになってしまいました(泣)自力で乾かして無事下山。

駐車場間近で青空が出てきました。三角の山が北見富士です。
下山中晴れ間を望む

帰路“芽登温泉”に向かう途中雨が降り出し良い時間帯に下山できたスマイル 芽登温泉の熱めの湯が身体にしみて疲れを癒してくれました。
帰宅したのは3時半、泥んこの洗濯をするのに充分の時間配分で助かる。
いつの間に蚊が顔を狙ったのか7ヶ所も刺されて今朝はつぶらな(何処が!笑)お目めと額、目じりが腫れてます^^;。

************************************************************

5時集合
標高差  675m
登り    2時間10分(7:00開始)
下り    1時間50分(11:50到着)

広告