紅葉は最高!お天気の女神さまはやや湿りがち

1日目(19日)

今回の参加者9名、その中に小6のハイジ小若ちゃんも参加。下山口北大雪スキー場に車を一台デポして平山登山口に
向かいます。天候は時々青空が望まれ本日の予定基地文蔵岳に向かって期待に胸が膨らむ。10:00

ナナカマド、ダケカンバ、カエデなどの色鮮やかな紅葉のトンネルに感激しながら最初の通過点平山へ。

振り向くと北大雪の山並みが幾重にも連なって雄大だ
振り返ると北大雪の山並み

深い山あいから流れ落ちる滝から涼を感じる               ガレ場でナッキーを狙うカメラマンの姿があった
一筋の滝 ガレ場でナッキーのカメラマン

平山分岐13:00小ぬか雨、隊長がテン場を探してOKのサイン。小雨と風で低体温症にならないよう早目の対策だ。
3張りのテント設営を終了!アリリリ???嬉しい事に雨も上がり風もなく広々とした天上の楽園でのんびり過ごせるなんて~♪♪♪
平山山頂まで空身でお散歩~^^。贅沢な空間です。たわわに実るコケモモの実が美味しそう。

絶好のテン場                                      天上の楽園のお散歩は至福のひと時。贅沢この上なしルンルンです。
テン場 テン場に向かう

チングルマ                                     イワツツジ
P1000207 雨に濡れたイワツツジ

ひそかに期待していたホシガラスが目の前に止まってくれた(^Q^)/^コンデジでも射程距離、いただき~^^)

PM3:00山の宴の始まりです。重いザックの中からは泡の出る命?迷水?でカンパーイ!!。
テントやボンベ、お鍋を背負って下さった皆さまありがとうございます。koyukiのザックは自分の衣類と食料とフライパンを背負って10K少々でした。
9人が車座になって鍋を囲み和やかで賑やかに夕暮れと共に霧がテントを包み瞬く間に夜のとばりがおりて行くのでございます^^。
足や腰にホッカロンを貼ってフリースを着込んで早めの就寝。
ムードメーカーの若葉さんが「ワー!!!星が綺麗だよーーー」と絶叫(笑)
テントから顔を出すと今までに見たことの無い大きなお星さまが宝石をちりばめたような天体ショー!見とれる事しばし。
夜中風がテントのフライをパタパタたたく音と寒さで目が覚めた。加藤登紀子の歌のように膝小僧を抱いて再び眠りにつく。

2日目(20日)

4:00目覚める。外を見ると雲海が広がってこれも刺激的ロケーションだ。ご来光も期待できそう。気温は-4℃位らしい。
ご来光を迎える準備に忙しい。手の感覚が麻痺してシャッターを押す指が・・・・言う事をきかないよー(^_^;)

-4℃の夜明け

朝日に映える表大雪の山頂は冠雪してます                    朝日に染まる小槍、大槍
朝日に染まる表大雪 朝日に染まる小槍大槍

大雲海とご来光に今日の好天を確信して朝食を・・・あららら・・・昨夜の露に湿ったテントに追い討ちをかけるような小ぬか雨、急いで撤収ですが
チントを背負う人はチットモ軽くならなかったようでお気の毒(^_^;)。6:55次なるステージ比麻奈山(ひまなやま)へ。緩やかな稜線歩きひんやり感が心地よい。

  比麻奈山山頂に立つ 7:31                             比麻良山(ひまらやま)に向かう稜線。手を上げてポーズを作るお元気さん
比麻奈山 日麻良山に向かう
比麻良山山頂、霧が立ち込め眺望悪し7:50                 ハイマツ帯を文蔵岳に向かいます
比麻良山山頂 文蔵岳へ

文蔵岳山頂 8:27                                  ハイマツ帯を抜けて広葉樹林帯の中有明岳に向かいます                                    
文蔵岳山頂 天狗岳に向かいます

有明山の最
有明岳山頂最後ののぼり 有明岳山頂後の登り、ハイマツの樹海です                    有明山山頂11:23 全員で記念写真を写す

霧に包まれた紅葉・黄葉の美しさ、オツナものですね~             天狗岳の登り小若ちゃんも頑張ってます(ファイト!)
霧の中① 天狗岳の登り

天狗岳の頂上12:31 稜線は尖っていてビビリました。祠があります。 整備された登山道。カエデやナナカマドの色づきいらし!が素晴
山頂に祠あり 紅葉の街道①

天狗岳を無事通過して北大雪スキー場へと向かいます。燃えるような紅葉の美しさを目に焼き付けながら順調に進み反射板が見えてきました。
反射板が見えます

何度も( ´( ェ )`)の糞を見かけました(>_<)。熊さんも紅葉見物してたのかもしれませんね。スキー場反射板着14:10

急ぎ足でデポした車を取りに向かう3人の歩く姿がとても頼もしく見えました。
車を取りに向かう三雄士

15:35下山口へ無事到着。しかし隊長の指令により奥白滝道の駅まで行って待っててと云う。途中で拾ってくれる事を期待し
更にひたすら歩く事1時間。ついに道の駅迄4kほど歩いちゃいました(^Q^)/^。恐るべし健脚。一日目3km。二日目19km(@_@)!!!

最後まで眺望は望めませんでしたが色づいた木々の葉は霧に潤い、より一層美しく感じたのはkoyukiだけでしょうか・・・
有明岳、天狗岳の登り返し厳しいところをクリアして最後まで自力で踏破した小若ちゃん、又素晴らしい記録と思い出を残しましたね!
6山制覇サイコー!うれしい~!!!
参加者全員の絆の精神があればこそ縦走登山行が無事終了できました。素晴らしい仲間にカンパーイハグ (左)ハグ (右)

************************************************************

平山登山口  1,045m      平山分岐  1,730m

平山  1,771m   比麻奈山  1,790m

比麻良山   1,796m   文蔵岳  1,745m

有明山  1634m   天狗岳 1,553m  北大雪スキー場下山口  675m

広告