伏美岳山頂は雲ひとつ無いスカッパレ!!!霧子返上晴れ子へ格上げです晴れ
前回は山頂は強風と雲で新雪を踏む感触を楽しみましたが
今回は北日高の展望を欲しいままに贅沢な山頂のひと時を時の経つのも忘れて過ごす。

憧れの日高、今年予定してた日高山行は雨で中止。その山並みが素晴らしい全容を見せてくれた。
感激の悲鳴?雄たけび?いや~唾ゴックン!山の向こうも連山です。

山頂

札幌、釧路からの先発隊がまったり、日向ぼっこ。笑顔で私たちを迎えてくれた。こんな良き日は心も和みます^^。

右回りで北日高のパノラマ360度。中央奥帯広岳に白い雲。東の十勝平野はは雲海です。
奥に帯広岳

前回見え隠れした妙敷山(おしきやま)、妙敷山の奥に十勝幌尻岳、中央が札内岳
妙敷岳、十勝幌尻岳、札内岳

カムイエクウチカウシ、エサオマントッタベツ、神威岳、ナメワッカ岳方面
カムエク、エサオマン、神威岳、ナメワッカ

日高山脈の最高峰、雄雄しき日高幌尻岳と戸蔦別岳を少しズームで写してみた。

中央幌尻岳と右戸蔦別岳

目の前にピパイロの稜線が続き特徴ある台形の姿をクッキリ見せてくれた。昨年縦走した時は霧の中^^;。
ピパイロ

チロロ岳方向
チロロ岳

チロロ~ルベシベ方向
チロロからルベシベ

十勝連峰、大雪山方向
十勝連峰

石狩連峰
石狩連峰

トムラ、ニペソツ、ウペペ方向
トムラ・ニペソツ

テントの窓から見る伏美岳山頂
右上が伏美岳山頂

参加者8名は山頂から前進した奥座敷でテントを張り豚汁と泡の出る水でカンパーイ(^Q^)/^
テントに日差が暖かく背中がポッカポカ。こんなに優しく迎えてくれるなんてコユキ、カンゲキーウインク
目の前のピパイロ岳に酔いながらお弁当タイム1時間50分。心もお腹も満腹になりながら下山の途に。

春はムラサキヤシオツツジでピンクに染まる伏美岳、北日高の展望台と云われてます。
山の中腹で鳥の群れが・・・写真鑑定しましたらアトリでした。渡りの季節が来たようです。

広告