今朝は予想通り寒波トーライ。朝の気温は22,4℃!十勝っ子でも最近
20℃を越す事はあまり無かったので久々のシバレを実感しました。

そんな中前回のひょんな出会いの人とスノーシューで札内川沿いを歩いてきました。
9:30を過ぎた頃には風も無く陽射しが暖かく感じると云えば不思議~って思われるかも
しれませんが事実なんです。川霧で木々が白いベールに包まれていて別世界ですよ~ウインク

完全凍結されてない場所は氷を集めて流れる札内川
白い木々

リンクのような川沿いを歩き開始です。
氷の紋章

氷の上にはこんな結晶がキラキラ輝いた紋章を連ねていました。
氷の結晶 氷の結晶A

川霧が立ち込めてます。
立ち上がる川霧

遠くに見える十勝幌尻岳山頂からは札内川の源流域に連なるカール郡が見られます。
十勝幌尻岳

キツネ、ウサギ、エゾリスの足跡があちこちに見られトンビが空高く飛行してました。
1時間歩いてコーヒータイムで~す^^。
香りは大地に吸収されてしまいましたがホットコーヒーに冷えた身体がホッ(゜∇^*) ♪
tobi コーヒータイム

折り返し地点から帰りは林間コースを歩きます。
氷を集めて流れる札内川
帰りコース 

札内川に自生するケショウヤナギ
化粧柳

ケショウヤナギのこと
ケショウヤナギは北海道の一部(日高・十勝地方)と、本州の長野県上高地および梓川下流のみに生育する。
樹皮に白粉がついたり白ろう化したりする。このことから「化粧柳」との名が付いたと言われる。
日本では生育場所が限られているため、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種Ⅱ類に指定されている。
(以上はネット情報から)

広告