4月20日~10月26日まで毎週火曜日、5:30~7:30
帯広の森を生き物を見つけて毎週歩きます。

4月20日(火)初回に参加しました。
天候 曇り 気温0℃ 無風 参加者 5名

集合場所は右に白樺林、左にダケカンバの林が整然と植えられた中央に位置し、4月オープンしたばかり
木の香りが漂う環境に優しい建物です。(写真は数日前写したものです)

集合場所

駐車場に車を停めて外に出るとキジバト、カラ類、カワラヒワの澄んだ声が響いて賑やかな野鳥の囀りが聞こえます。
早起きは心身を活性化してくれますね。 自己紹介の後、出会いを求めてさぁ~歩きましょう!

寒い朝

最初に初めて見るウラホロイチゲを見せていただいた。画像は後日晴れた日に写しに行こう。

今日のコースはベニバナイチヤクソウの群生が主にカラマツの木の下に見られた。

ベニバナイチヤクソウ:昨年咲いた名残が綺麗な形で残っていた。       心無い盗掘の跡です(^_^;)
ベニバナイチヤクソウ 盗掘の跡

アカゲラのドラミングがグルルル・・・と森に響く。カケスがヒヨドリ、猫、オオタカの鳴きまねをするので思わず皆笑ってしまった。

エゾリスは枝から枝へ、木から木へ軽業師のごとく                    
エゾリス
黒い土が盛り上がってるところはネズミのトンネル跡
 ネズミのトンネル跡
ゴジュウカラが食べたチョウセンゴヨウの実かな?             ゴジュウカラの巣跡にはカラマツの皮や土の固まりも入ってました。
ゴジュウカラの食痕? ゴジュウカラの巣跡

バッコヤナギ(まな板の材料などに使われる)、花は未だ咲いてません。私たちの歩いてるところの土の下は凍ってて足が少し冷えました。
雪が残ってる場所もあります。
バッコヤナギ 残雪

腐食した木を足で蹴ると、ビックリ!スズメバチもビックリ!コガタスズメバチが冬眠してました。女王さまです。
 コガタスズメバチA コガタスズメバチ

森の中にはなかなか一人では入れなかったけれど、一度体験すると慣れて楽しそうな気がします。
小鳥達の営みの跡が生々しく見られ、巣穴の下には建造中の木屑が沢山落ちてました。
芸術 営巣中?

十勝の発見がメーリングリストから随時情報が流れて来ます。これから暖かくなると花が咲き、野鳥も渡って来て森は一気に忙しくなりそうです。

広告