曇り 参加者4名
地道に歩いてみると意外!があったり、この時季の植物や生物を目で確かめ学習出来るチャンスです。
今回の目玉はノビネチドリかな?どのような経路で此処に咲いてるの?って聞いてみたくなる。

ノビネチドリ:ラン科(針葉樹の下に一株だけ楚々と咲いていた)
一輪だけ ノビネチドリ

ササバギンラン:ラン科(あちこちで見られた)
ササバギンランA ササバギンラン

エゾハルゼミのこんな姿も(^_^;)
エゾハルゼミに群がる蟻
真上から写してたらキャプテンから嬉しいアドバイス(^Q^)/^。真上から写したよりは上出来でした(^ε^)♪

マイマイ蛾の幼虫(暑くなると一斉に羽化する厄介者です。    ナミテントウ(斑紋には様々な種類があります)
マイマイ蛾 ナミテントウ

ユキムシのコロニー(雪虫って北海道弁らしいです)          アミガサタケ(乾燥してフランス、イタリア料理の高級食材になる)
雪虫のコロニー アミカサダケ
アミカサダケは生食すると中毒になるそうなのでご注意を!くれぐれも保険所で鑑定して戴いてから食して下さいね。

サクラソウ(森に相応しくなく何処から来たの?)              ツマトリソウ
サクラソウ ツマトリソウ

ベニバナイチヤクソウ(帯広の森にかなり群生してるのが見られます)
ベニバナイチヤクソウ ベニバナイチヤクソウ群生

エゾゼンテイカ(朝開花して夕方閉じる一日花)              ノハラムラサキ(ワスレナグサかと単純に思いましたが図鑑で判定)
エゾゼンティカ ノハラムラサキ

カラコギカエデの花(紅葉が美しい)                     ニシキギ
カラコギカエデ ニシキギ

オニシモツケの群落と蕾「この花が咲くと夏の終わりを感じて憂鬱になるんだよな~とキャプテンがしみじみつぶやいた。北国の夏は短い」
オニシモツケの群落 オニシモツケ蕾

大きなスズメバチが飛んでいて怖い思いをしました。これからは蚊とダニの戦いが待っている。
先週から野鳥の囀りが少なくなりました。ホーホーと鳴くツツドリにホーホーと応えると近くに来るのですスマイル

広告