年末年始もあっと云う間に過ぎ大荒れの予想が見事にはずれ、
穏やかな新年を迎えることができました。
山陰地方の方々は豪雪で1000台もの車が動けず大変でしたね。
(北陸地方→山陰地方に訂正:りばてぃさんありがとうございました)

2日、雲ひとつ無い青空が広がる日高山脈です。

この青空に誘われて雪の中の大きな鳥さんを見に出かけました。
Koyukiはワシの生る木をイメージしてたのですが、何時もの
ドロノキにはカラスが数羽だけ、鮭の遡上する川には、オオワシも
オジロワシもカモメも見当たりません。鴨の群れが少々^^;。

早々に諦めて!とりあえず川岸を下って行くと太陽に輝く黒と白の
ツートンカラーのワシさん発見(^-^) まずは飛ばれない前の
証拠写真を撮りましょう^^。

やはり収穫も無く戻って来ると先ほどのオオワシが未だ居ました。
道路状態も良いので静々と近寄ってみると、木の下に大きなカメラを持った方が二人、
飛ばしたら悪いし・・・と思ってると手招きしてくれたので、ヤッターとばかり前進。

この方達は3時間も飛ぶのを待ち続けてるとか(◎-◎;)、Koyukiが行って飛ばすのを
待っていたの~~?こんな近くで見られるなんてシンジラレナイ。

精悍な顔つきですね。

一挙手一動が手にとるように見えるのよ~♪

眠そうでもあり

飛びそうなリアクションをしたり

いよいよ飛ぶかと期待させたり

結局飛ばず、一時間待って退散しました。一人の方は未だ頑張ってましたよ。
帰り道、氷の張った川の上のオオワシ3羽見かけ、オジロワシは頭上を飛んでました。

日高山脈に落日15:45 

オオワシさん一箇所に4時間以上もとまってる事ってあるのですね。

 

広告