天候うす曇・海風が冷たい(参加者6名)

川の近くは霧氷に覆われ風情があってとてもステキでした。
水量豊かだった十勝川がすっかり凍った上を小動物が直線や弧を描いた
足跡を見るのも面白い。

最初の目的地十勝川下流域の堤防に車を停める。
海水と交わる場所にゴマフアザラシをガイド役のTさんが発見!
凄く遠くでもアザラシを刺激しないようにドアの開け閉めを静かにする
マナーが大切です。と教えていただきました。

遠方に黒い物体を見たけれど直ぐ潜り何処に出るかハテナ状態でした。
私は3頭確認できました。近くでカモメが羽を休めています。凄い大群にビックリ!

対岸では王者の風格のオジロワシが!久し振りに見る成鳥は格好良すぎ~!
存在感ありありですが私のカメラではお伝えできません(>_<)

身体の冷えるのも忘れるほど見とれて次は大津漁港へ。コオリガモと再会
出来るか楽しみでしたが叶わず、ハマシギに出会えたのがラッキーでした。

と!居た~~!!!と歓喜?の叫び。何か咥えてる。なんだ?に応えて無駄な抵抗で
写して見たけれど・・・なんでしょうねぇ、解りません^^;。

漁港の奥まったところに2体の置物があるかのごとくゴマフアザラシが横たわって
居るのを発見して教えて下さるのもガイド役のTご夫妻。
一人で来ても発見できないものばかりです。
湾内には数頭居ましたが登ろうと何度もトライして結局登れなかったゴマちゃんです。

スズガモ、ヒドリガモ、ホオジロガモなども居ましたが、ここの対岸に王者オオワシが・・

次に移動する途中裏側を通過するときかなり近くで見られた同じオオワシさん。

同じ漁港ですが少し離れてアイドル、ゼニガタアザラシのコロちゃんです。
人間を怖がらず6,7年前からこの場所にいます。
ごろ~んと寝そべっていろんな仕草をして楽しませてくれました。
近寄りすぎると危険です。
こんなコロちゃんは学術的にも貴重な存在だそうです。

シルクのように美しい毛並みと可愛い顔、手で痒いの~をしてますよ^^。

尾は小さく足の後方についてました。これが両足です。

グーパー(じゃんけん)とこのように足を交互に動かして泳ぐそうです。

コロちゃんのサービス精神の余韻に浸りながら移動。
次のポイントで車を停めて間もなくネズミイルカを発見(◎-◎;)
波打ち際の近くで見られるなんて凄いですね~。
直ぐ潜ってしまって遠のいていきましたが
これもラッキーでした。そして望遠鏡をとおしてアビも初見できました。

魚影の群れがいるのでしょうか。カワアイサ軍団

〇×カモメ軍団

東へ東へと向かいトンネルを抜けると又アビが居て小高い丘の上にはオオタカも居て
お腹の空くのも忘れるくらい豊富な鳥さん達にめぐまれました。

オジロワシ

厚内漁港のシノリガモ

昼食は1時半、浦幌亭にて夫々好みのものを、私はボリュームたっぷりの
カキフライ定食を食べて冷えた身体を温め、お腹を満たし、
一番満たされたのはモチロン観察会でございました。

広告