7月26日

独り登山はやはり大雪山系に向かうKoyukiです。
朝4時前に家を出て層雲峡に車を置き、6時朝イチのバスに乗って銀泉台に向かいます。
ガムテープで目張りをしたバスに揺られて狭い林道走り40分、料金は800円でした。
快晴でとても清清しい登山日和です。

足元にゴゼンタチバナ、ウメバチソウ、ハクサンチドリ、ミヤマカラマツソウ、モミジカラマツ、
雪渓を渡る涼風と白い雲が浮かぶ青空・・・なんて贅沢な空間でしょう!と自我自賛。

チシマツガザクラ

ウスユキトウヒレン

雪がいたるところに残ってます。

山の出会いは皆お友達^^
「ウコンウツギ」の名前を聞かれたご縁で大阪から登山行脚に来てる方と会話をしながら
赤岳に向かう。休憩タイムに黒岳に下りる人が居るから一緒に行くと良いよと橋渡しをして
くれた。それ以来Koyukiには隊長と副隊長が出来心強かった。
隊長さんはペースの配分がKoyukiにあってて歩きやすかったです。
あわせて下さったのかも知れませんね^^;。ありがとうございました!

ミネズオウに群れる蝶(クジャクチョウ、シータテハ)

一番会いたかったチングルマ

エゾヒメクワガタ
 

 急な登りも一歩一歩歩めば天空に近づけるのね

ゆっくり登って2時間50分、ゴツゴツの岩肌赤岳が視界に入るともう其処はカムイミンタラ~♪お花畑が広がり神々の遊ぶ庭が広がるのです。右手に北鎮岳のハクチョウとチドリの雪渓が見えました。

赤岳山頂で出会いの記念写真を撮り、おやつタイム。大阪の人から戴いた
ミツヤサイダーはお代わりしたいほど美味しかったです!
でも白雲避難小屋泊の人は食料が減ると困るのに
自作の牛肉の瓶詰めまでご馳走になって・・それも美味しかったです!

小泉岳に寄ってから白雲分岐に行くと云う隊長の提案。
トムラウシ山がクッキリ!遠く阿寒富士まで見えて感激~(^Q^)/^

白雲分岐で大阪の人と別れ我々は北海岳に向かいます。
後方のゴツゴツした岩肌が白雲岳です。

北海岳への道のりは広大な天空のパラダイス!お花ロードです。
エゾツツジ

クモマユキノシタ

エゾイワツメクサとクモマユキノシタ

重そうなザックを背負って雪渓を歩いて来る人が居ます。

アオノツガザクラ

イワウメ

チシマクモマグサとコマクサの清楚なお花畑

エゾノツガザクラ

白いイワブクロ

コエゾツガザクラ

北海岳から見るお鉢平

大雪山系で見られるチョウと鳥をゲット

アサヒヒョウモン

ウスバキチョウ(遠くて証拠写真です^^;)

ダイセツタカネヒカゲ

おまけのミヤマカラスアゲハ

ギンザンマシコ(撮影中急にガスが発生して悔しい思いをしました)

ギンザンマシコで道草してて副隊長が心配して「オーイ!」の声が・・
返事を返すと逃げられますぅ(涙)お許しを<(_ _)>

そんな訳で黒岳石室着は15:00、え~~~最終のロープウエイが16:30?(◎-◎;)
間に合わないよ~隊長は黒岳山頂までは20分で行けるから大丈夫、間に合わなければ
歩けばいいさ・・・気合を入れて登りの猛ダッシュ!

それでも気になるエゾツツジ

イワギキョウ

予定通り黒岳山頂に到着です\(^o^)/

黒岳から下山途中、ガスに邪魔されましたがチシマノキンバイソウが満開でした。

下山時副隊長の靴底がはがれるアクシデントがありましたがリフト、ロープウエイと
乗り継いで無事17:10下山できました。
蝶と鳥帰宅途中にはヒグマまで現れて今年の付きは使い果たしたような気が致します。
楽しかった登山行また何処かでお会いしましょう(^-^)

広告