花の100名山アポイ岳へ 参加者4名

日高山脈の稜線が青空にクッキリ映え早朝より申し分のない登山日和。
早春の香りがそこはかとなく漂い、ブルーの海岸線を眼下に望みながら
登るアポイ岳、海の色が絵にも言えない美しさを見せてくれました。

天馬街道では大きな雪崩の痕跡がいたるところにあり、峠一つで風景が変わる
ものですね~

この日は私たちのパーティ一組だけ、5合目に着いた頃パトロールの腕章を着けた
人が追い付いてきた。登山道が見えないところに先導の踏み跡をつけて下さって助かる。

十勝では想像もつかないほど雪が無い。時々残雪木漏れ日の中登山開始。

ところどころに植物の鹿害調査のグリーンネット。ネットの中の笹は残ってました。

衣服調整しながら登る。

林間から開けたところの青空がきれい^^♪

5合目小屋から見る頂上は未だ雪を覆って真っ白!

向かいの山に鹿が点のように小さく見え、私たちをジーット見つめてる。(トリミングで^^;)

6合目を過ぎたころから海岸線の美しさに何度も振り返る。

橄欖岩の山道、馬の背へと向かう。白い山が山頂です。

見晴らしの良い馬の背から山座同定。アポイ岳から連なる吉田山~ピンネシりの稜線
1昨年の晩秋歩いたのが懐かしい。

南日高の山並み

白い山、青い海贅沢なロケーション!

8合目から雪の下が凍って居るので軽アイゼンを装着する。

9合目あと30分だよ~頑張ろう!

ダケカンバは樹氷をまとって冬の装い。山頂の積雪は3m、標識はすっぽり雪の下。

雪があるおかげで襟裳岬が見えました。

帰りは滑りに気を付けて慎重に下山

花の季節と違う残雪の山歩き。夏山と同じペースで歩いたようで・・・この季節も素晴らしかった。

1週間遅れの更新で山の様子も変化してるでしょう。アポイ山荘からはパークゴルフを楽しむ
人たちが見え一足早い春の訪れを感じた山歩きでした。

標高差740m

広告