残雪の南日高、野塚岳は人気のスポット!

参加者6名 晴れ

家を出る時は濃霧&更別沿線では霧氷も若干見られた。
野塚トンネルのパーキング、7時過ぎには10数台の車が停まっていた。
今日は雲一つない晴天!そして無風!

ひゃ~凄い雪崩だね~!恐怖の痕跡を横目で安全地帯を歩く。

高度を徐々に上げて行くと右側の尾根に人影が見える。縦走してきたのでしょう。

急勾配をhaさんがキックして登ってくれたので助かる。
ザラメ雪の下は朝のうちは凍っていてズボッではないが時間とともに大変なことに^^;

急登に疲れて振り向くとトヨニ岳の美しい雄姿に心癒される。

軽アイゼンを装着して1223mピークを目指します。時々ズルッ!ズボッ!大きなダケカンバの
支えを借りて身を休める。太陽の光が先導してくれるが厳しい。水が久しぶりに美味しく感じた。

トヨニ岳に後押しされて頑張ろう!

木の間越しから目指す野塚岳が見えるが辛い登り返しが待っている。

急斜面を9人のパーティが下山中。私たちは遠回りでも安全地帯を登下山だ。

いよいよ1223mpからグーンと下りて目の前にそびえる最後の急斜面野塚岳にアタックです。
ひぇーーー@@!樹林の中を登ってる人が!尊敬のまなざしを飛ばすが他人事でないのよ(汗

雪庇が大きくえぐれてます。

「後30分」リーダーの一声で頑張る。楽古岳が近くに迫り来る姿は何ともbeautiful♪

頂上が近づくに連れじわじわと感動や感激が汗を忘れさせる快感に変わってくる。

空の青さに吸い込まれそう^^頂上まであと一息です!

山頂から見る日高連山の展望を欲しいがままに堪能する。大雪山系も遠望できた。素晴らしい!
先に登って居た人たちとも喜びを分かち合う。至福のひと時だ。
尾根伝いに何処までも歩いて行きたくなるほどチョー嬉しいのよ~ん☆

急斜面を降りたところでテントを張りお弁当~(^^♪
おにぎりと隊長が用意してくれた温かい豆腐の味噌汁が喉を潤してくれた。
「これが一番の贅沢なのよ」としみじみ語るshiさんの言葉に「うんうん」とうなずくワタシ。

帰りは尻滑りに悲鳴!伏せのポーズで足でブレーキをかけながらの下山。
最後まで青空の下の山行はスリリングで日高の懐の深さを感じました。

登り 4時間
下り 2時間

広告