登山日和 参加者22名

所属してる山の会、十勝こまくさ会5月の山行は然別湖畔荘の裏手
駐車場から見える南ペトウトル山です。

参加者が多いことは素晴らしい!山が大好きでこの日を待っていた事でしょう。
前日の寒さを考えると、どんな装備で出かけようか迷いましたが、朝起きると
朝日が燦々!一応暑さ対策もして出かけました。

最初から登り連続、針葉樹の下の笹薮漕ぎ、倒木をまたいだりくぐったり険しい。
開けた場所から然別湖が右手に見えるとやっと高度が感じられる。

樹木の合間から見る然別湖

も少し高度が上がると小さく東雲湖が見える。3月雪上の湖面を歩いて左の山に登ったね^^。

右を見ると雲海の上に日高山脈が見えとても絶景!なのに霞んで良く見えません。

頂上直下はまさに急登、雪も残ってます。この雪で直ぐにビールがギンギンに冷えるって以前
教えて頂きました!この教訓?を踏まえて早速実行(笑

山頂に着くと直ぐお弁当タイム。テント無しでも寒くありません。
そんな折、数10メートル目の前のダケカンバに甲高い鳴き声の珍客登場!
ヤマゲラです@@!慌ててカメラ(汗) 雌はシックなようですね。

山頂から見る然別湖の色が変なのです。藻が発生したような緑色。
今までは透明感があり湖面に山を写していたのに唇山も上唇だけです。
つい最近からの現象だそうで、やはり荒れた天候の影響でしょうか・・・・

下山途中でクマゲラのハウスのような?これって人間が作ったように美しいけれど・・はてな?

登山道は2008年に登った時よりかなり整備されてました。
然別湖ネイチャーセンターの人たちが秋に手入れをされてるそうでありがたい事ですね。

広告