標高年のニペソツ山・お天気も眺望も良くて素晴らしかった! 
参加者8名

憧れの山ニペ!今回で山頂は3回目のアタックです。
行きたかった残雪のある時期、とても魅力的でした。

ユンケル飲んで筋肉のけいれんが起きないようにドラッグストアでお薬買って
雌阿寒岳と阿寒富士で足慣らしをして準備はOKだったのですが15Kmの
持久力が足りませんでやはりへたりました(>_<)

登り返しのロングコース・・・もう嫌~~~~と何度叫んだことか・・

前天狗に向かう。

前天狗岳手前からの眺望

石狩連邦の後方に忠別岳、旭岳

トムラウシ山

はい松を潜り抜け前天狗に出るドキドキ感!ヤッター!ニペソツの山容がくっきり見えるよ~

この場所までは数回来てますが何度見ても感激します。

オプタテシケ山方向

いよいよ究極の登り返しの始まり。

ハイ松帯をグーンと下って岩場の登山道が目に飛び込んでくる。ひぇ~ビビりますぅ^^;

岩場の急登に差し掛かる手前で、ナ・ナント@@

ツクモグサ発見!淡黄色の色合いがス・テ・キ!

北海道レッドリストで絶滅危機種に選定されています。

ツクモグサの感激もつかの間、岩場の急登が厳しい!
山頂に早く到着したはるさんとKさんがエールを送っている。ガンバだよ~

狭い山頂で登頂を喜び合う。ご褒美は目の前に広がる大自然の迫力満点の大パノラマ。
途中何度も凹みそうになったので山頂に立った喜びはひとしおでした。

(対角画面が黒く写ってるのはキャップが邪魔したのかも・・残念^^;)

左から残雪を抱いたトムラウシ山、忠別岳、旭岳へと雄大な稜線が連なってる。

穏やかな日差し、1時間の休憩時間が瞬く間に過ぎ後ろ髪ひかれる思いで下山。
キバナシャクナゲに目を癒されながら登り返しを頑張る。

腰を下ろして休憩した場所にはコメバツガザクラが可憐に咲いていた。

これからは高山に咲くお花を存分に楽しめるでしょう。
ナキウサギも歓迎してくれますよ♪
全員無事下山。しかし長い長い道のりでした。

登り 5時間30分  下り 4時間15分

広告