8月12日 曇り→晴れ 参加者3名

前日の雨で調査区域の背丈以上に伸びた草地は梅雨を含み、

おまけに蒸し暑くやぶ蚊に数か所刺される。

7月の調査でカシワマイマイの幼虫が群がってた様子を思えば快適と

云えるでしょう。

ところで!蝶の匂い嗅いだ事あるでしょうか。

前回教えて頂いたのですが(エゾ)スジグロシロチョウは柑橘類に

含まれるシトラールと云う物質を分泌してるそうです。

雄が匂いを放って雌を誘うそうですね。

捕虫網で捕獲したのを嗅いでみると実に柑橘系の香りがするのですよー@@!

この日蝶を主体にコース内で見たものの中で写真に収めたものを記録してみました。

最近できたコースの近くの遊歩道か公園か?綺麗なせせらぎがあるところに

ニホンザリガニが居ると云うので寄り道して小川の大きな石をめくってみると

居ました!平気で捕まえるなんてさすがだわー。それが出来ない私が情けない^^;。

アカハラが餌を捕らえていたので前進できず様子を見てた。

藪漕ぎを通過するころにはキャプテンの網はグショグショで思うように捕獲出来ない。

トリカブト、オオアワダチソウ、萩が咲いていた。

オオヒカゲ

サトキマダラヒカゲの類は見かけなかった。

ヤナギ類を食樹にしてるコムラサキ(日差しを受けると紫色が出て美しい蝶です)

ベニシジミ

モンスズメバチの巣 東屋に「近寄らないで下さい」の張り紙とテープで囲われていた。

ジャノメチョウ

ジャノメチョウを写したら右下に小さくトンボも写っていた。

湿地にオオルリボシヤンマが飛ぶさまは豪快!

こんなトンボも

捕獲して同定したウラギンスジヒョウモン

双眼鏡も働きます。

ゴマシジミ産卵 ワレモコウ類の花に1卵ずつ産み付けられるとか。

開花したナガボノシロワレモコウとゴマシジミ

ツバメシジミ(ピンボケで・・・)

クジャクチョウ

植樹した草地はモンキチョウが乱舞で数えられない状態でした。

ジャノメチョウも多かった。シジミチョウ3種が見れてラッキーでした。

アマガエル1を見逃し必死に探すキャプテンの姿は少年に帰ってましたね^^。

広告