10月6日 曇り

入会して数年経過してますが炭焼きは初参加です。

資源を大切にエコをモットーに始められたのではと勝手に思ってます。

今年は航空法で伐採されたミズナラやカシワの木を有効活用する為のエコ行事。

炭を使用して美味しいものを作って食べる!を念頭に・・・(@^^)/~~~(私だけ^^;)

私達女性3人は焚き付けの落ち葉拾いから。

未だ森は青々してて落ち葉は見当たらず・・・頭上には大きなスズメバチの巣((;゚ェ゚;))

ビックリしたわ~次世代のエースも頑張ってたのに・・・危険!

スズメバチの巣があり~の、落ち葉が無い~ので場所を移動して里山へ移動。

しかし落ち葉はあっても湿ってて心配。頑張って10袋余りを採取。

里山には美味しそうなキノコがニョキニョキ。これはホウキタケです。

まだまだ魅力的なキノコがありましたが急がないと!と木の葉を集めました。

炭焼き窯の穴が掘りあがったとほぼ同時に私たちの木の葉集めも完了!

切りそろえられた木材を並べて落ち葉を敷いて作業が進みます。

トタンの上に土を盛っていよいよ火入れ式。

お手製の団扇で扇いでポンプ式の空気入れを駆使して火力を付けるのです。エコですね~

煙突から煙が出てこの状態をキープ!キープ!の掛け声もむなしく・・・

あ~ん温度が上がりませ~~ん(>_<)もう一度焚き付けです。

煙が上がったところでホッと一安心。

夜のとばりが下りる頃お腹すいたーーー早くダッチオーブンのシェフが来ないかな~

炭が焼きあがる間にロケットストーブ作りに挑戦。見事発射!飯盒で御飯炊きです。

ダッチオーブンとは調理器具です。片手で蓋を持ち上げられないほど重いです。

5時半過ぎ待ちに待ったキャンベルシェフによるダッチオーブンの料理開始。

御飯もダッチで!メインは豚肉とゆで卵。お味がとても良かったYo----

ダッチの写真はフラッシュ設定が出来なくて無いのが残念です!

アウトドアに良いなあ。我が家にもダッチオーブンのフライパンが欲しいと思った逸品です。

私は翌日都合が悪くてダッチオーブン料理の美味しいとこどりで帰宅しましたが

翌日の炭出し、チョウ調査の皆さまお疲れさまでした。

広告