10月7日 晴れたり曇ったり 参加者4名

4年前のこの季節以来のペケレベツ岳。

笹藪漕ぎが大変だった~!と記憶していましたが、笹刈りがされて

とても歩きやすい状態でした。

登山口は風が強く、風が冷たく、山の気象は厳しいと感じる。

しかし登るにつれ風が静かに好転する。

1、343mのコルから山頂あたりを見るとガスってて眺望が悪そうと休憩モードに

入ってしまった。

テント設営、早々にトン汁をいただき身体はほっかほか♪今回の鍋奉行はHIさん。

1時間以上もテントで山談義に花を咲かせているとナ・ナント!雲が晴れてる~~~

それでは山頂目指して身軽でGo-Go-ですよね。日勝峠の除雪センター、
十勝平野、東大雪まで一望できます。

山頂にて左が芽室岳、尖ったのが西峰です。剣山はもちろん幌尻岳が遠望出来ました。

手前沙流岳が色づいて見えます。が!冬の沙流岳は尖っててかっこ良くステキです。

眺望を満喫してこの↓少々キツイ登り返しをクリアすれば後は下りのみ。

ダケカンバやカエデの色づく登山道を下山する頃風が出てタイミング良く下山完了!

登り 2時間40分  下り 1時間30分

広告