山の会10月例会登山 参加者22名 マイクロバス

3時半目覚まし時計で起こされると雷、稲光、雨の音・・・

天気予報通りだわ~とお天気の回復を信じて5時半集合にむけて準備。

集合時間の頃には雨が上がり良し良し^^。

登山口より針広葉樹林帯の中を1時間ほど登ると五合目の小屋に着きます。

5合目の小屋展望台から中央に見えるのがアポイ岳。

各所にクマ避けの鐘がつり下げられております。この音をジャラン!ジャラン!
鳴らすのが快感を感じますが、22名も居ると熊さんも遠慮するでしょうね。

鹿の害は何処でも深刻でこのような調査用のネットが随所に見られます。

五合目からはアポイ岳特有のかんらん岩を踏みふみ急登に入ります。

途中名残りの花が一輪「ヒダカミセバヤ」が咲いてました。

コハマギク、アポイマンテマも1輪づつ咲いていたのですがボケボケで没!

雲の流れが速いが青空が広がり、振り返ると海岸線に白い波、海の青さが際立ってます。

頑張りまっしょい!もうすぐ頂上が見えてきますよ。

頂上直下強風にあおられましたが申し分ない眺望に何度も振り返る。

山頂はダケカンバに囲まれて風もなく和やかなお弁当タイムを過ごし、海の青さを

眼下に堪能しながら下山です。

入浴 アポイ山荘 ¥450(通常¥500)

標高差 740m

今年4月に登った時は頂上の積雪が3mもありました。

晩秋は空気が凛としてて花の季節でなくても充分楽しみました(^^♪

広告