今年最大のイベントだった硫黄山~羅臼岳縦走

7月2日~3日 硫黄山ピストン

今年前期にお天気のつきを使い果たし、貯金が残ってなかったぁ(泣)

前日知床世界遺産センターのIさんの所に寄って情報をいただく。

前日登ったというシレトコスミレのお写真を見せていただいて、あまりの清楚な

たたずまいに胸キュン!晴れたら良いなっ(^_-)-☆

硫黄山から肩にグイッとくいこむ重いザックを背負い出発。

お花はゴゼンタチバナ、エゾイソツツジ、シラタマノキ等白い花が多かったが

何度も見てるのでスルー。って云うかカメラを向けるエネルギーは足に使わねば!

地熱のせいか蒸し暑く、汗が滝のように流れでる。

硫黄川分岐まで辛かった。

その後雪渓歩き、急登だが涼しさが身体に優しい。

シレトコスミレ咲く硫黄山直下まで長かったーーーー。予定時間も大幅に超過した。

第一スミレ発見@@!疲れを忘れて写真!写真!背中の重さでピントが合わない(泣)

今日写さなくっても明日は撮り放題♪と思ったのが甘かった( ノД`)

雨がポツリと落ちてきて、スミレどころじゃありません。

急いでテントを張り収まると同時に風雨が強まり、ポールが曲がってしまい

「長~い夜」を過ごすことに・・・

もうテン泊は無理と諦め、早朝風雨が収まったので、重く濡れたテントをたたみ

苦労して登った山を引き返す。

1300m地点で前方100m、中型のヒグマが雪渓を横切った((((;゚Д゚)))))))

熊よけリンリン鳴らし、笛をピューピュー、熊が山に入ったのを確認して

スリル満点の硫黄山登山を終えました。

目的のシレトコスミレはブレブレですがゲットー(≧∇≦)

清楚で可憐なんですよ♪

IMG_0726

IMG_0738

硫黄山山頂踏めず、尾根から垣間見た知床連山素晴らしく魅力的でした。

7月4日 羅臼岳ピストン

ガスって霧状態でしたが未踏の山、羅臼岳も登って来ました!

3日が山開き、ツアーの人や単独の登山者で賑わっていました。

背中が軽いって楽なものですね~

登山道が整備されてて、急登の所は雪渓があり眺望こそなくて残念でしたが

山頂に立つ事が出来2山だけ制覇して知床縦走は夢のまた夢で終了ーです。

お花畑は早咲きの高山植物が咲いてましたがガスガスなのでスルーです。

あまり見られないお花を少々備忘録に。

前日の厳かな山開きの名残り

IMG_0749

IMG_0769

羅臼平にある北大生に捧ぐプレート

IMG_0774

羅臼平もガスガス

IMG_0775

この雪渓を登ると大きな岩がゴロゴロあります。足が長かったら・・・

IMG_0778

IMG_0759

カラスシキミ

IMG_0761

ガマズミ

IMG_0756

皮肉なものですねぇ~行きも帰りも知床峠はクッキリ青空でした!

IMG_0688

 

広告