倒木で登山道が閉鎖されてから久しい東ヌプカが開通。

開通作業に携わった方々に感謝しながら久しぶりに鳥のお師匠さん

平成君と登ってきました。

標高差348m、近くて手ごろな山。蝶や草花、鳥さんが迎えてくれた。

イチモンジチョウが道先案内、苔むした登山道には今年初めて見るアリドオシラン、

エゾイチヤクソウなどが咲き野鳥の声をBGMに快適に登っていくうち、

急登に差し掛かると滝汗(≧∇≦) 暑さに参りそうになりました。

開けた場所に出ると蒸し暑さから開放されクルマユリのいとゆかし~♪

下界は雨が降りそうでしたが、登山口は青空が見えかくれ、雨に当たらず生物調査終了(^▽^)

雲海が広がり十勝平野は雲の下

1-1KIMG0112

クルマユリ

1P1920412

イチモンジチョウ

2P1920311

3P1920336

ヒカゲチョウ (花はハナヒリノキ)

4P1920343

ウラジャノメ

5P1920423

カラフトリシジミ♀

6P1920430

カラフトルリシジミ♂

7P1920442

カラフトルリシジミ

8P1920518

コチャバネセセリ

9P1920494

ウラギンヒョウモン

10P1920510

モンシロチョウ

11P1920470

コヒオドシ

12P1920407

ルリビタキ

P1920368

コガネギク

P1920449

モイワシャジン

P1920455

エゾシオガマ

P1920467

エゾチドリ

P1920514

ハシボソガラスの若さん

P1920542

クマゲラ、ウグイス、コマドリ、ウソ、キクイタダキ、メジロ、コサメビタキなど

素晴らしいメンバーの鳴き声だけ聞かせてもらいました(^▽^)

広告