北海道で一番早い山開きの天塩岳。

昨日浮島湿原に寄ってから、天塩岳山開きに参加者は格安で泊まれる

我が舎(わがや)で宿泊。

初めて登る山、山開き参加も初めて。しかしお天気の女神は微笑んでくれなかった。

前日同様雲が低い。一番目を楽しませてくれたのがエゾのリュウキンカ。

登るにつけガスが深く、先に登ってた調査隊が、頂上は風が強く眺望はゼロとのこと。

1270m地点で勇気ある撤退。若草色の木々の葉が白くなってるさまは

滅多に見れない光景でありました。晴れてたらなーって思わないでもないけれど、

山のお天気に逆らう事は出来ませんね。

暖房のきいた2階建てのヒュッテでお弁当を食べて帰宅の途に。

若草色が美しい登山口ヒュッテ

エゾイチゲが咲く登山道

旧道を歩きました。

一番の難所ですがサポートをしてくれるので心強い。

幻想的と云えば綺麗かな?(笑)

エゾのリュウキンカ祭りでした^^

ショウジョウアカマの雫が真珠のようで

ツバメオモト

広告